スポーツ

佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」

佐々木朗希の投球動作を筑波大学硬式野球部監督の川村卓氏が解析(撮影/藤岡雅樹)

佐々木朗希の投球動作を筑波大学硬式野球部監督の川村卓氏が解析

 5月6日の福岡ソフトバンク戦に登板した佐々木朗希(20)は、6回91球で降板した。直球は48球で、そのうちの90%近い41球が160キロを超えた(平均の球速は160.7キロ)。彼の投球技術は何がどう優れているのか。

 国内における投球動作解析の第一人者で、筑波大学硬式野球部監督の川村卓氏は、高校時代の佐々木と対面し、動作解析によってアドバイスを送ったこともある。

「高校時代に比べ右足でプレートを深く、しっかりと押せていることが、安定してスピードを出すことにつながっている。股関節回りの筋肉、簡単に言えば体幹部がトレーニングによって鍛えられたことが大きな要因でしょう。左脚は踏み込む時に地面を強く押し返し、上体が骨盤に乗った状態ができあがっている。大谷翔平選手にも共通する動きですね。それによって腕が上から下に強く振れるようになっています」

 また、白球を握り込んだ右腕が頭部近くを通り、よりコンパクトな腕の振りに。

「佐々木投手の投球フォームの大きな特徴は、リリースポイントが非常に高い位置である点です。バレーボールのスパイクのように、背中をうまく反った状態から、高い地点でパチンと手首を返すような動きをする。これによって腕をムチのようにしならせている」

 一般的には、できるだけ前でリリースした方が打者との距離が近くなって効果的だと指導されるだろう。

「その方がボールに長く力を加えられますし、制球も安定する。それとは対称的にこの高い地点からのリリースは(身長190センチの)佐々木投手だからできる独特のものです。そして、上から下への軌道から、スーッと伸びてくる直球と、ストンと落ちるフォークがある。打者は見分けがつかないだろうなと思います」

 川村氏の解析でも、非の打ち所がないフォームであることが明らかになった。

【プロフィール】
佐々木朗希(ささき・ろうき)/2001年11月3日生まれ、岩手県陸前高田市出身。県立大船渡高校を卒業後、2019年のドラフト1位で千葉ロッテマリーンズに入団。4月10日に28年ぶりの完全試合と史上初の13者連続奪三振を達成した。

川村卓(かわむら・たかし)/1970年生まれ、北海道出身。札幌開成高校の3年時には主将として夏の甲子園に出場。筑波大学大学院体育研究科修了後、2000年に同大硬式野球部の監督に就任。現在は同大体育専門学群准教授を務め、日本の「動作解析の第一人者」として知られる。

取材・文/柳川悠二

撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2022年5月27日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン