国内

ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている

渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)

渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)

 2月21日にプーチン大統領がロシア軍のドンバス派遣を命じて本格化した、ロシアによるウクライナ侵攻は、3ヶ月目になった今も終わりが見えない。多くの国からロシアの現体制への批判と非難が集まるが、同時に世界各地でロシアに関わるものすべてに対する、言いがかりとしか言えない嫌がらせや、ときにはヘイトクライム(憎悪犯罪)まで起きている。それは、日本も例外ではないらしい。ライターの森鷹久氏が、錦糸町などで働くロシアや東欧出身の女性たちに、投げつけられる悪意に疲弊する今について聞いた。

 * * *
 ロシアによるウクライナ侵攻から始まった紛争が苛烈さを極める中、世界中にいるロシア人やウクライナ人たちは、日常を送ることが難しくなっている。G7加盟国をはじめとした主要国は、ロシアによるウクライナと国際平和を侵害する行為だと侵略戦争への非難を繰り返している。そして世界各地でロシアやロシア文化に対する差別や嫌がらせが報告されており、我が国においてもロシア料理店や物産店への嫌がらせなどが発生していると報じられている。

「私たち従業員同士はとても仲が良いです。でも、国には家族がいて、明日死ぬかもしれないという怖さもある」

 こう話すのは、都内有数の繁華街を要する東京・錦糸町のロシアンパブに勤務するイリーナさん(30代)。ロシアンパブと名乗ってはいるが、従業員数名のうちロシア人は半分程度で、イリーナさん自身はウクライナ出身、他にもポーランドやベラルーシ、ルーマニアなど、ロシア以外の東欧地域出身者もいるといい、最近の話題はもっぱら戦争にまつわるものばかりだという。

「もちろん戦争の話はするけど、私たちにはどうしようもない。戦争が終わること、国の家族や友達の無事を祈ることしかできない。ロシアの人との喧嘩? それは全くないです。ウクライナも心配だけど、ロシアの人はやっぱりロシアが心配だし、みんな故郷や家族、友達のことを思わない日はないのです」(イリーナさん)

 日本国内でもロシアやウクライナ出身者が様々な意味で注目を集める中、彼ら、彼女たちに対する誹謗中傷めいた言説が、ネットでもリアルでも飛び出すことが少なくない。一方で当事者であるイリーナさんたちは、そんな誹謗中傷に反論する気力も沸いてこないほど焦燥し、神経をすり減らす日々が続いているのだ。だからこそなのか、当事者間で、母国の立場に沿って主張し合う、ということもほとんどない。

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン