国内

【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘

部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん

部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん

 東京都の台東区と荒川区にまたがる山谷地区は、大阪の釜ヶ崎、横浜寿町と並ぶ日本三大寄せ場のひとつだ。この地に多く建つドヤ(簡易宿所)には、新型コロナの防疫上、様々な困難が集中していた。この街を10年以上取材し、新著『マイホーム山谷』を上梓した介護ジャーナリスト・末並俊司氏がレポートする。【前後編の前編】

 * * *
 ゴールデンウィーク真っただ中の5月3日、東京のドヤ街・山谷の中心部にある簡易宿所「ホテル白根」を切り盛りする女将・豊田弘子さん(65)の兄・達夫さん(73)が新型コロナウイルスに感染していることが判明した。

 JR南千住駅から歩いて数分。ホテル白根は、この地に多くあるドヤのひとつだ。部屋数は35室。地上4階建てで、3階までが宿、最上階に豊田さんたち家族が寝起きしている。感染した兄・達夫さんもデイサービスに通いながら4階に暮らしていた。

 ドヤは各部屋3畳一間。各階に共同のトイレがあり、1階にある風呂場を時間指定で使い分ける。また、1階に共用のガスコンロや電子レンジ、オーブントースターなども設置され、各々が自由に使うことができる。料金は一泊2300円で、宿泊客の多くが生活保護を受給しながらの長期滞在者だ。

 その8割が65歳以上の高齢者で、基礎疾患を持つ人も多い。風呂やトイレを共用し、個室が狭い廊下を挟んでズラリと並ぶ密閉密接の状態。ドヤは防疫面では悪条件だらけの環境である。

 ホテル白根では2021年3月からこれまでに、達夫さんを含め3人の陽性者が確認された。しかし女将たちスタッフの努力の甲斐もあり、クラスターの発生は防いでいる。ドヤ内での感染対策の現場を追った。

ゴミ袋で手製ゾーニング

 日雇い労働者の送り出し元として高度経済成長を底から支えた山谷だが、好景気が過ぎ、バブルが弾けると日雇い労働者の仕事は激減した。行き場を失った労働者は山谷にとどまり、ここで年を取った。路上生活を余儀なくされる人も多く、今では「福祉の街」としての性格を強めている。

 ホテル白根にもかつて日雇い労働者として働いた人が多く住んでいる。ここで初めてのコロナ感染者が出たのは2021年3月のことだった。

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
にこやかな表情を見せる清宮幸太郎
両親の迎えで笑顔になった日ハム・清宮幸太郎 ファンのサインに応じる“神対応”現場
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン