国内

【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘

部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん

部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん

 東京都の台東区と荒川区にまたがる山谷地区は、大阪の釜ヶ崎、横浜寿町と並ぶ日本三大寄せ場のひとつだ。この地に多く建つドヤ(簡易宿所)には、新型コロナの防疫上、様々な困難が集中していた。この街を10年以上取材し、新著『マイホーム山谷』を上梓した介護ジャーナリスト・末並俊司氏がレポートする。【前後編の前編】

 * * *
 ゴールデンウィーク真っただ中の5月3日、東京のドヤ街・山谷の中心部にある簡易宿所「ホテル白根」を切り盛りする女将・豊田弘子さん(65)の兄・達夫さん(73)が新型コロナウイルスに感染していることが判明した。

 JR南千住駅から歩いて数分。ホテル白根は、この地に多くあるドヤのひとつだ。部屋数は35室。地上4階建てで、3階までが宿、最上階に豊田さんたち家族が寝起きしている。感染した兄・達夫さんもデイサービスに通いながら4階に暮らしていた。

 ドヤは各部屋3畳一間。各階に共同のトイレがあり、1階にある風呂場を時間指定で使い分ける。また、1階に共用のガスコンロや電子レンジ、オーブントースターなども設置され、各々が自由に使うことができる。料金は一泊2300円で、宿泊客の多くが生活保護を受給しながらの長期滞在者だ。

 その8割が65歳以上の高齢者で、基礎疾患を持つ人も多い。風呂やトイレを共用し、個室が狭い廊下を挟んでズラリと並ぶ密閉密接の状態。ドヤは防疫面では悪条件だらけの環境である。

 ホテル白根では2021年3月からこれまでに、達夫さんを含め3人の陽性者が確認された。しかし女将たちスタッフの努力の甲斐もあり、クラスターの発生は防いでいる。ドヤ内での感染対策の現場を追った。

ゴミ袋で手製ゾーニング

 日雇い労働者の送り出し元として高度経済成長を底から支えた山谷だが、好景気が過ぎ、バブルが弾けると日雇い労働者の仕事は激減した。行き場を失った労働者は山谷にとどまり、ここで年を取った。路上生活を余儀なくされる人も多く、今では「福祉の街」としての性格を強めている。

 ホテル白根にもかつて日雇い労働者として働いた人が多く住んでいる。ここで初めてのコロナ感染者が出たのは2021年3月のことだった。

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン