芸能

冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感

フジテレビは千鳥の2人に賭けている?

 そのトーク力やキャラクターなどが評価され、各局から引っ張りだこのお笑いコンビ・千鳥。冠番組は6本となったが、そのうち3本はフジテレビのゴールデン・プライムタイムだ。なぜフジは千鳥の冠番組に賭けているのか? その理由をコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 5月1日に『千鳥の鬼レンチャン』(フジテレビ系)がスタートしたことで、千鳥の冠番組が計6本になりました。

 特筆すべきは6本のうち、『千鳥のクセがスゴいGP』、『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』(カンテレ)、『千鳥の鬼レンチャン』とフジテレビ系の冠番組が半分の3本を占めること。その他はテレビ埼玉の『いろはに千鳥』、テレビ朝日の『テレビ千鳥』、日本テレビの『千鳥かまいたちアワー』ですが、これらはすべて深夜帯の放送です。

 一方、フジテレビ系の3本は、すべてゴールデン・プライムタイムの放送。さらに最新の冠番組『千鳥の鬼レンチャン』は、“日曜20時台”というテレビ業界で最も競争の激しい重要な時間帯の放送です。

 なぜフジテレビはこれほど千鳥の冠番組に賭けているのでしょうか。単に千鳥の実力だけではない、その理由を掘り下げていきます。

「冠番組」をめぐるTBSとの違い

 まず前提としておきたいのは、千鳥のキャラクター、トーク力、知名度などは、フジテレビに限らず民放各局のテレビマンから認められていること。なかには、冠番組やMCを務める番組より、「特番やゲスト出演でキャスティングしたい」「ロケ番組のほうが彼らのよさを引き出せる」などと考えているテレビマンが多いことも事実です。

 たとえば、MCをノブさん、解答者を大悟さんが務める『クイズ!THE違和感』(TBS系)を見れば、千鳥をMCにするのでも冠番組にするのでもなく、「大悟さんをMCではないポジションで使いたい」という狙いがわかるのではないでしょうか。その点、フジテレビ系はMCであるだけでなく冠番組にすることで、「千鳥のイメージを全面に反映させた番組にしよう」という意図がうかがえます。

 もともと冠番組は人気芸能人のみに与えられ、本人にとっては「売れた」という勲章のようなところがあるもの。実際、現在もタモリさん、ビートたけしさん、明石家さんまさんのお笑いBIG3から、とんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、ナインティナイン、有吉弘行さん、マツコ・デラックスさん、バナナマン、サンドウィッチマンまで、そうそうたる人気芸能人たちの冠番組が放送されています。

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン