芸能

『鎌倉殿』菅田将暉 アンチまで虜にしてしまった「最期へと向かう演技」

義経(菅田将暉)が視聴者を取り込んだ

散り際の義経(菅田将暉)が視聴者を取り込んだ

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』5月22日放送回で、平氏追討の立役者となった源義経(菅田将暉)が、兄・源頼朝(大泉洋)と側近・北条義時(小栗旬)の策謀によって死に追いやられるまでが描かれた。登場人物それぞれの葛藤や悲しみが凝縮され、「過去最高の神回」と評判を呼んでいる。

 なかでも話題なのが義経の最期を演じた菅田の演技で、これまで彼の演技に触れることがなかった中高年層からも「すごい演技力」「こんなにいい役者だったのか」と驚嘆の声が上がっている。ベテラン芸能ライターは言う。

「菅田さんが義経を演じると発表された当初は、『軽すぎる』『話題集めのためでは』などと批判的な声が一部にあったのは事実です。大河ドラマを主に視聴する中高年層のなかには、菅田さんが若者向けの恋愛ドラマに多く出演し、歌手活動もしていることから、アイドル的俳優だと思っていた人も多かったようです。

 ところが、登場してすぐにその印象を覆した。平気で人を出し抜く計略や、全く空気が読めない言動といった義経像で、これまでの悲劇の英雄像を一新したんです。もっとも、この時点ではまだ“三谷幸喜の脚本のおかげ”と思っていた人が多いようですが、最期に向かうなかで義経のピュアな側面が浮き彫りになるにつれ、この両面を演じられる菅田将暉はとんでもない役者だ、と評価が高まったわけです」

 三谷大河のファンだという44歳男性は、菅田に対して抱いていた先入観が完全に覆ったと語る。

「彼のドラマは妻がたまに観ていましたが、私自身がしっかり観たことはなく、マルチアーティスト気取りがなんとなく鼻につくと思っていました。しかし、彼の演じる義経は圧巻でした。大泉洋、佐藤浩市、中村獅童といった三谷大河・常連組の大物役者に交じって遜色ないどころか、終盤は食ってしまっていた印象すらあります。

 妻に『菅田将暉ってすごい役者だったんだね』と言ったら、『いまさら知ったの』と鼻で笑われました。今は妻が録画していた『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)を一気観しており、『こんな落ち着いた演技もできるのか』とまた驚いています」

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
もし在庫があったとしてすぐに設置できるとも限らない
猛暑予想でもエアコンは深刻な品薄 「1~2か月待ち」で夏に間に合わない可能性も
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト