スポーツ

投高打低のプロ野球 背景に投手の「速くなるストレート」と「縦の変化の多用」

今季ノーヒットノーランを達成したソフトバンク・東浜 巨(写真/共同通信社)

今季ノーヒットノーランを達成したソフトバンク・東浜巨(写真/共同通信社)

 今季のプロ野球は約40試合が消化されたところだが、異様なまでの「投高打低」となっている。4月10日にロッテの佐々木朗希が完全試合を達成し、翌週にも8回で降板するまで完全投球を継続。5月6日には中日の大野雄大が9回終了時までパーフェクトピッチングを達成。11日にはソフトバンクの東浜巨がノーヒットノーランを達成。完全試合やノーヒットノーランが相次いだことで、“これって凄いことなんだっけ?”と感じてしまうほどだ。

 これはデータを見ても明らかで、5月15日時点では、セ・リーグの平均打率が.244、パ・リーグにいたっては.231と、近年の水準に比べて1~2分も低く、本塁打数も激減している。

 ピッチャー有利の時代が到来したという見方について、投手育成のプロはどうみるのか。現役引退後にオリックス、阪神、日本ハム、楽天、ソフトバンクでコーチを務め、井川慶やダルビッシュ有、田中将大などをエースに育てた実績がある佐藤義則氏はこう言う。

「個人で防御率2点台なら分かりますが、パではチーム防御率が軒並み2点台というのは凄いなと思って見ています。最近は投手のストレートが速くなったので、それが原因かなと思っています。

 我々が現役の時代は150キロなんてめったに出なかったけど、今は150キロ台を投げる中継ぎも増えました。基本的には、スカウトが粗削りでも速い球を投げる選手を集めているからだと思いますが、全般的に腕がよく振れている投手が多い。コントロールでは昔のピッチャーのほうが上だったと思いますが、スピードボールでファウルを打たせ、最後は落ちるボールで勝負するという配球に、打者の対応が追いついていない印象です」

 直球の球速が上がったことに加え、変化球についても昔とは違う傾向が見られるとの指摘もある。西武、ソフトバンク、楽天で投手コーチを歴任した杉本正氏が話す。

「投高打低は、ピッチャーの“変化球の使い方”が変わったことと関係があるのではないか。僕たちの時代は横に変化するスライダーやカーブが主体だった。それに対して今のピッチャーは“奥行きがある縦の変化”を多用します。フォーク、チェンジアップ、シンカーといったホームベース上で変化するボールが多い。それに伴う違いは色々とあって、ひとつは球数が少なくなるということでしょう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト