芸能

とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で

『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』

とんねるずが再び脚光を浴びる日は来るのか

 地上波で姿を見かける機会がすっかり減ったとんねるずが、息を吹き返すかもしれない。フジテレビは18日、金光修社長(67才)の後任として、共同テレビ社長の港浩一氏(70才)が社長に就任が内定したことを発表。港氏は数々の人気バラエティ番組を手掛け、木梨憲武(60才)が「小港さん」としてモノマネした人物としても知られている。

「港氏は、石橋貴明が『ダーイシ』という名でモノマネしていたフジテレビの名物プロデューサー・石田弘氏の一番弟子。『夕やけニャンニャン』『オールナイトフジ』『とんねるずのみなさんのおかげです』など、数多くの人気番組を手掛けてきた人物です。

 バラエティ班のエースとして順調に出世街道を歩んできたものの、2013年に起きた『ほこ×たて』のヤラセ問題で処分を受け、出世レースからは一旦脱落。しかしフジテレビは近年“短期政権”が続いていて、昨年社長に就任した金光氏もわずか1年で退くことになり、師匠の石田氏も届かなかった社長の椅子に座ることになりました。

 今回の人事では、『東京ラブストーリー』『101回目のプロポーズ』『愛という名のもとに』など、いくつもの大ヒットドラマを手掛けてきた太田亮氏が専務に昇格し、編成を担当することも発表されており、フジの黄金期を知る2人が舵取りを任される態勢になります」(キー局関係者)

 フジテレビが「楽しくなければテレビじゃない」というキャッチフレーズでこの世の春を謳歌したのは、もう遥か昔のこと。視聴率低下に歯止めが掛からず、「振り向けばテレ東」と呼ばれる状態だが、港氏といえば誰もが思い浮かべるのがとんねるずだ。

 2018年に『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了し、ゴールデンのレギュラーを失ったとんねるずだが、その知名度は圧倒的。ジリ貧状態脱出の救世主として、彼らに声を掛けることは考えられる。

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン