ライフ

愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」

「とにかく便利」という「テスラ」

「とにかく便利」という「テスラ」

 警察庁が「免許返納」を勧めている流れもあり、最近では、西川きよし(75)や二之湯智・国家公安委員長(77)など有名人の免許返納が相次いでいる。一方で「それでも免許は返納したくない」という人たちもいる。作家・猪瀬直樹氏(75)に聞いた。

 * * *
 僕は常に新しいものを取り入れたいと思っていて、車については1年前の3月にEV(電気自動車)のテスラを買ったばかり。免許を返納するつもりはありません。

 3年前の更新時にはS字カーブや車庫入れなどの技能試験をやりましたが、今回の75歳向けの講習では認知機能検査が新たに加わりました。

 このテストは簡単な足し算引き算に始まって、次にライオンやら何やらが描いてある4枚の絵を見せられるセットを10回ほど繰り返した。「なんだこれ。簡単だな」と思っていたら、その後、別の問題を解いた後に、試験官が「では、先ほどの絵には何が描いてありましたか」と虚をつく問題を出してきました。

 2時間の講習で75点以下は不合格となり、別の日に3時間の講習を再度受けなくてはいけない。45点以下は医師の診断書が必要になる。80点とるのはかなり難しく、油断していたので危なかった(笑)。

 高齢者にこうした試験を課すこと自体は問題ないでしょう。一定の違反歴がある75歳以上のドライバーに、実車による運転技能検査を課すこともいい。ただ、その厳しい試験を乗り越えたのなら、免許を返納する必要はないですよね。

 そもそも、高齢者による車の事故に関して、個人の責任にし過ぎではないでしょうか。本来、自動車メーカーがアクセルとブレーキを踏み間違えても事故につながりにくい設計にしないといけないはずです。だから私は、安全性を高めるよう設計されたオートパイロット機能が標準装備のテスラに乗っています。メーカーはテクノロジーで安全を解決するべきです。

※週刊ポスト2022年6月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン