ライフ

愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」

「とにかく便利」という「テスラ」

「とにかく便利」という「テスラ」

 警察庁が「免許返納」を勧めている流れもあり、最近では、西川きよし(75)や二之湯智・国家公安委員長(77)など有名人の免許返納が相次いでいる。一方で「それでも免許は返納したくない」という人たちもいる。作家・猪瀬直樹氏(75)に聞いた。

 * * *
 僕は常に新しいものを取り入れたいと思っていて、車については1年前の3月にEV(電気自動車)のテスラを買ったばかり。免許を返納するつもりはありません。

 3年前の更新時にはS字カーブや車庫入れなどの技能試験をやりましたが、今回の75歳向けの講習では認知機能検査が新たに加わりました。

 このテストは簡単な足し算引き算に始まって、次にライオンやら何やらが描いてある4枚の絵を見せられるセットを10回ほど繰り返した。「なんだこれ。簡単だな」と思っていたら、その後、別の問題を解いた後に、試験官が「では、先ほどの絵には何が描いてありましたか」と虚をつく問題を出してきました。

 2時間の講習で75点以下は不合格となり、別の日に3時間の講習を再度受けなくてはいけない。45点以下は医師の診断書が必要になる。80点とるのはかなり難しく、油断していたので危なかった(笑)。

 高齢者にこうした試験を課すこと自体は問題ないでしょう。一定の違反歴がある75歳以上のドライバーに、実車による運転技能検査を課すこともいい。ただ、その厳しい試験を乗り越えたのなら、免許を返納する必要はないですよね。

 そもそも、高齢者による車の事故に関して、個人の責任にし過ぎではないでしょうか。本来、自動車メーカーがアクセルとブレーキを踏み間違えても事故につながりにくい設計にしないといけないはずです。だから私は、安全性を高めるよう設計されたオートパイロット機能が標準装備のテスラに乗っています。メーカーはテクノロジーで安全を解決するべきです。

※週刊ポスト2022年6月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
石丸伸二市長
【恥を知れ、恥を!】安芸高田市長、議会での古参議員との激しい対立を公開して話題 結果的に財政を潤わせる見事な手腕
女性セブン
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
阿部慎之助・新監督は菅野智之をどう起用するか
【巨人に暗雲】大勢の離脱で“ストッパー菅野智之”に現実味 阿部監督は腹を決めて抜擢できるか
週刊ポスト
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン