芸能

綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される

バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野

バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野

 多くの話題作が控える7月期のドラマ。なかでも放送前から何かと注目を集めているのが、綾野剛(40才)が主演する日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系)だ。

「ドラマのテーマはセカンドキャリア。綾野さん演じる元日本代表のサッカー選手がけがで引退後、どん底の中で就職したスポーツマネジメント会社で直面する悲哀を描くヒューマンドラマです。サッカー経験がほとんどない綾野さんは、役作りのために毎日のように、シュートやドリブルを猛特訓するほど気合が入っているといいます」(放送担当記者)

 実は綾野自身も、ドラマさながらの“挫折”に直面したことがあった。

「ファンには有名な話ですが、俳優としてブレークする前の綾野さんはバンドマンとして活動していました。上京後の2004年頃から2つのバンドでボーカルを担当しましたが、いずれもブレークには至らず解散しています」(音楽ライター)

 2006年に結成したmr.aというバンドでは、綾野が作詞作曲した曲が主演映画のサウンドトラックにも起用された。が、「もうこれ以上の曲は作れない」と達成感を覚えた綾野はバンド活動をやめてしまったという。

「透き通った声に定評がある綾野さんのバンド時代のCDは現在は廃盤になっていますが、ファンの間では高値で取引され、メルカリなどでは定価の10倍近い値段がつくこともあります」(前出・音楽ライター)

 一時は「もう音楽はやらない」とまで考えた綾野の心を再び動かしたのは親友の山田孝之(38才)だった。

「映画で共演した際に山田さんの玄人はだしの歌声を聴いた綾野さんは感激し、数年ぶりに創作意欲を掻き立てられたといいます。もともと山田さんはギターやシンセサイザーを弾ける内田朝陽さん(39才)と一緒に音楽活動をしていたため、そこにギタリストとして綾野さんが加わる形で2018年に結成されたのが音楽プロジェクト『THE XXXXXX(ザ・シックス)』でした」(芸能関係者)

 音楽活動の“セカンドキャリア”に喜び勇んだ綾野は、山田と内田が驚くほど前のめりだったという。

「10年以上前から一緒に音楽をやっていた山田さんと内田さんはラフな格好でリラックスして音楽を楽しむスタイル。ところが、綾野さんは違った。ライブにひとりだけロックスターのような真っ赤なド派手な衣装を着て、2人を苦笑いさせていました。本格的な機材を揃えて、やたらとテンションが高く、音楽に関しても自分の強いこだわりを主張するのです。でも、練習は苦手で、よく山田さんに注意されていました」(前出・芸能関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン