国内

「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも

(共同通信社)

マスクをする人はまだまだ多い(共同通信社)

 長引く新型コロナとの闘いが、新しい局面を迎えようとしている。感染拡大初期にドラッグストアなどの店頭から消えた「マスク」の着用方針が、大幅に緩和されたのだ。しかし、2年以上続いたマスク生活は、日本人の心に、無用な差別意識まで生み出していた。

 関西のある公立高校で、1人の生徒が退学したのはつい最近のことだ。理由は、コロナ禍以降私たちの生活の“必需品”であるマスクだった。高校関係者が明かす。

「退学した生徒は、体質的にマスクがなじまなかった。高校側は“マスクが着用できないと、コロナの感染対策が徹底できない”という理由で教室から追い出し、別室で授業を受けさせました。そればかりか、学校幹部が全校生徒に向けて“高校生にもなって分別がつかない生徒がいる”と糾弾する始末で……。結局、いづらくなって自主退学を選びました」

 マスクを着用しない分、その生徒は念入りに感染対策を行っていたという。新型コロナが感染拡大を始めた当初、感染した人や、医療従事者に対する「コロナ差別」が大きな問題になった。最近は「ノーマスク差別」が広がっているという。

 政府は5月20日、マスク着用への新たな見解を発表した。屋内で会話をする場合や、まわりの人と2m以上離れられない場合は着用を推奨するが、屋外では周囲との距離が充分とれなくても、会話が少なければ必ずしもマスク着用の必要はないとした。また、未就学児には一律に着用は求めないという。これまでの姿勢を緩めた格好だ。ほんべつ循環器内科クリニック理事長の藤沢明徳氏が説明する。

「WHOは一昨年にすでにマスクの効果は限定的と発表しました。特に、自身の感染予防を目的にマスクをしてもほとんど効果はない。今回の政府見解は遅すぎるくらいです。むしろ徹底したマスク着用はマイナス面も大きい。肌荒れはもちろん、集中力の低下や目の疲れ、肩こり、酸素不足による頭痛などが挙げられます。この先の季節は熱中症への心配も増します」

 未就学児や小学生など成長段階では、素顔が見えないために表情を読み取る能力や想像力、社会性など人とのコミュニケーションが阻害されかねないという研究もある。欧米では、当然のように公共の場での「ノーマスク」が加速している。たとえばスポーツの観戦時でも、マスクをせずに歓声を上げる観客の姿が大半だ。

 一方、国内では、政府見解が発表された直後の週末でも、ほとんどの人が生真面目にマスクを着用していた。だが、さまざまな理由でマスクを着用しない、できない人も多い。そんな人たちに対し、社会の同調圧力が「ノーマスク差別」となって襲いかかっているのだ。

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン