芸能

川口春奈の凛とした魅力 賛否両論渦巻く『ちむどんどん』で一服の清涼剤に

代役をハマり役に変えた(時事通信フォト)

代役をハマり役に変えた(時事通信フォト)

 視聴者にとって鮮烈な印象を残すかどうかは、必ずしも役の大きさに比例しない。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が朝ドラを分析した。

 * * *
 これほど賛否両論渦巻くNHK朝ドラって、見たことない。『ちむどんどん』は本土復帰50年を迎えた沖縄を舞台に、兄と三姉妹、母という家族の物語。ヒロインの次女・比嘉暢子(黒島結菜)は高校を卒業し東京へ出て、銀座の高級イタリアンレストランで修行中です。

 十分な準備もせずに当てずっぽうに上京した暢子ですが、トントン拍子に住むところも仕事も見つかる。このヒロインの性格は思い込みが強くてプラス志向、こうだと思えばズンズン我が道を進んでいく。レストランのオーナーに意見までしてしまう。そうした暢子の天真爛漫さ、天衣無縫ぶりが、しかし視聴者には「努力が足りない」「感謝の念がない」「礼儀がなっていない」と突っ込みどころ満載のようです。

 私個人としては、このドラマにはもう一人の正統派ヒロインがいる。そんな印象を抱いています。そのヒロインとは……長女・良子(川口春奈)です。

 たとえ兄の賢秀(竜星涼)がバーガー店内で大暴れをし借金したままドロンしても。金持ちの息子・金吾(渡辺大知)がわーわー大声で良子に結婚を迫ってきても。ドタバタ喜劇の空気に、どこか浸食されずに一人気品を保っている川口さんがいい。一服の清涼剤のようです。

 川口さんはキャラクターの設定や人間関係の全体に目を配り、「貧乏な一家を支える長女としての良子」という人格をしっかりと掴んで演じ切っています。そう、どんなに回りがハチャメチャになっても自分の芝居を続けている。そんな川口さんが自然と中心柱のように見てきてしまうのは、私だけでしょうか。

 ここで良子はどんなリアクションをすべきなのか、するのが自然なのか、演技でピタリと見せてくれるので視聴者としては「ほっと」する。簡単にいえば、ヒロインの暢子に反発ばかり覚えてしまうけれど、良子にはスムーズに感情移入できる。半年間も続く朝ドラのヒロインです、少なくとも視聴者が感情移入できたり共感できることが必須条件ではないでしょうか。

 そしてヒロインには、迷いつつ矛盾を抱きながら苦闘し困難を突破していく、という心理的葛藤=ストラッグルがどうしても必要でしょう。しかし、残念ながらここまでのところ暢子の内面にそうしたストラッグルを感じることができなくて、もどかしい。

 振り返れば、川口さんの名はNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(2021年)の帰蝶役で、一層広く知られることになりました。沢尻エリカさんの代役としていきなり織田信長の正室・帰蝶に抜擢された。しかも、大河ドラマは初めてで注目されましたが、受けて立った川口さんは実にすっくとして見事でした。着物姿が堂々と似合っていて、ふるまいは板についていて、「川口さんが演じて良かった」と雨降って地固まる結果に。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン