スポーツ

巨人が関係者に配ったレプリカユニフォームが「1年前のもの」 球団が抱えるコロナ禍の負債

観客上限は撤廃されたものの発声は禁止されている(巨人・原辰徳監督。時事通信フォト)

観客上限は撤廃されたものの発声は禁止されている(巨人・原辰徳監督。時事通信フォト)

 3年ぶりに観客の人数制限を設けずにシーズンが開幕したプロ野球。球場から足が遠のいてしまった観客を呼び戻すべく、各球団あの手この手に取り組んでいる。巨人もその例外ではなく、今年も人気のレプリカユニフォーム配布イベントを開催したのだが、関係者から球団に同情する声が上がっている。

 巨人は毎年、「橙魂シリーズ」というレプリカユニフォームを来場者に配るイベントを実施している。2012年に東日本大震災の復興を目指したチャリティイベントとしてスタートし、今季で11年目を迎えた人気イベントだ。今年初の「橙魂シリーズ」となった5月13日は金曜日ながら3万4852人が東京ドームに駆けつけた。今季は開幕戦と人気の阪神戦を除くと、平日だと2万5000人前後の動員数なので、成功したといえるだろう。

 しかし、球団関係者は残念な顔をしながらこう語る。

「5月13日の試合前、巨人の球団職員からメディアやOBといった関係者に“皆さんも是非着てください”とレプリカユニフォームが配布されたんです。こういった計らいはこれまでも何度かあって、子供がいる人は喜んでいた。しかし、配布されたユニフォームを見ると、何か違和感が。注意深く見てみると、観客が着ているユニフォームは脇から袖のあたりが白いんですが、私たちに配られたのは同じ部分が黒いんです。気になって調べてみると、昨年の橙魂デーで配られたユニフォームでした。関係者のなかには“もしかして、これは在庫処分?”といぶかる人もいましたが、むしろ“どれだけ余っているんだろうか……”と球団を心配する声が多かった」

 巨人は昨年、4月20日の阪神戦と7月7日中日戦、9月14日のDeNA戦でレプリカユニフォームを配布している。3試合とも観客数の上限は50%の2万1000人だったが、7月の中日戦と9月のDeNA戦はまん延防止等重点措置と緊急事態宣言の延長を受け、試合開催前にチケットの販売が打ち切られている。3試合の観客動員数の合計は約4万5000人で、巨人が観客上限数分だけユニフォームを用意していたと仮定すると、1万8000枚ほど在庫を抱えている計算になる。

「デザインは毎年変わるので、昨年のユニフォームを観客には配れないでしょう。関係者に配るといっても13日に配ったのは100人もいかないはずなので、配りきるのは現実的ではない。保管料もかかるので赤字覚悟で処分するしかないでしょう。

 そもそも、今年の橙魂シリーズも観客が戻ったとはいえ、来場者数は収容上限より1万人も少なかった。コロナ禍前の2019年の橙魂デーはいずれも上限いっぱいまで観客がきていたことを考えると、まだ球場での野球観戦に抵抗を感じる人は多いのだと痛感します」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン