ライフ

銀座高須クリニック院長が伝授 マスクを取る前にやっておきたい「たるみケア」

高須クリニック

マスクを取る前にやっておきたいケアは?

 緊張感の緩みから進んだたるみや、すっぴん生活で増えたシミ……。「マスクで隠せるから」と放置していた老化のサインに、あせっている人も多いはず。マスクなしの夏を迎え撃つのに有効な策はないものか──。

「美容医療はどんどんナチュラル志向になっていて、『夫にもバレたくない』という方も。いかに周りに気づかれずにきれいにするか、こちらも勝負です」

 と話すのは、『銀座高須クリニック』の院長に就任した高須英津子さん(以下同)。

「『今年の夏はマスクが取れるかも』と、危機感を覚えて駆け込む方が多いですね。たるみが気になる方には溶けて吸収される糸で引き上げる『イタリアンリフト』がおすすめ。傷跡や腫れがほとんどなく、グッと上がります。

 シミには1度の照射で濃淡のシミに反応する最新の『ピコレーザー』と塗り薬を組み合わせた施術を。シミの部分がかさぶたになりますが、メイクとマスクで隠せるので『顔中のシミを一気に取る』という、マスク期間ならではの“攻め”の治療として人気です」

 そこで、たるみケアの施術を紹介する。

●ウルセラシステム
 高密度の超音波を肌に当てて皮膚の下にある筋肉に熱エネルギーを加え、弱ってきた筋肉から引き上げる。約2か月かけて徐々にリフトアップするので、周りにも気づかれない。顔全体44万円。

ビフォア

ビフォー

アフター

アフター

 30分程肌に超音波を当てるだけで、顔全体がスッキリ。「肌のハリがアップして毛穴も目立たなくなります。これまで難しかった首にも照射できます」。

●ボツリヌストキシン注射
 口角に筋肉の動きを抑えることができる「ボトックス 」(ボツリヌストキシン)を注射することで、口角を下げる力を弱める。自然に口角が持ち上がるので、マリオネットライン(口元の両脇のしわ)が解消。5万5000円。

ビフォア

ビフォー

アフター

アフター

 深く刻まれるしわはたるみが原因。「口角が下がると老けて見える上、不機嫌そうな印象に。マスク生活で口元のエイジングが進んだ、というお悩みは多いですね」。

●小顔専用脂肪溶解注射 メソシェイプフェイス
 頬やあご下のたるみは、下がってきた脂肪が目立たせている場合が。脂肪を溶かす注射を打つことで、小顔とリフトアップの両方がかなえられる。あご下〜フェイスライン(1回) 6万6000円。

ビフォア

ビフォー

アフター

アフター

 顔の脂肪が多い人は、脂肪融解注射と他の施術を組み合わせると効果的。症例の女性は4回の注射であご周りがスッキリ。

●イタリアンリフト
「吸収される糸をこめかみから皮下に入れて持ち上げ、頬全体をリフトアップ。左右の頬に3本ずつ入れるのが一般的ですが、針穴はほとんど目立ちません。糸の周りにコラーゲンが作られるので、3か月目くらいからお肌にハリツヤが出てピカピカに!」。1本11万円。

ビフォア

ビフォー

アフター

アフター

 施術は20分程度。直後の写真でも腫れや内出血はなく、翌日からメイクもOK。効果は半永久的だが、たるみの進行に合わせて糸を足す人も多いそう。

ビフォア

ビフォー

アフター

アフター

 あご下にイタリアンリフト2本と短い糸を入れた症例。「短い糸を追加することで、補強効果が上がります」。コラーゲンが生成され、徐々にリフトアップ効果が高まる点もナチュラル。

●ヒアルロン酸注入
 目の下のたるみ、ゴルゴライン(目頭から頬にかけて刻まれるしわ)、コケたこめかみなどは、ヒアルロン酸を注入してボリュームアップさせることで解消。施術は10分程度。1本11万円〜。

ビフォア

ビフォー

アフター

アフター

ビフォア

ビフォー

アフター

アフター

 目の下のくぼみと頬のゴルゴラインに注入して、頬全体をふっくら滑らかに。肌の凸凹がなくなり、たるみもなかったことに。

ビフォア

ビフォー

アフター

アフター

 顔全体のたるみもヒアルロン酸注入でここまで上がる。「直後からメイクができる手軽さ、ごく自然な仕上がりも人気です。最近のヒアルロン酸は、2年ほど効果が持続します」。

エイジングの悩み、あきらめなくていいんです!

 美容医療の進化は目覚ましく、以前は「難しい」といわれていたことが、どんどんかなう時代に。高須さんは「若返りはいくつからでもスタートできます。『いまさら手遅れ』と思わず相談を!」と語る。ポイント別の悩みに高須さんが答える。

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン