国内

NHKが知床観光船事故遺族取材で記者クラブ除名 事態を悪化させた不誠実な対応

引き上げられた観光船KAZU I。現在も行方不明者の捜索が続いている(時事通信フォト)

引き上げられた観光船KAZU I。現在も行方不明者の捜索が続いている(時事通信フォト)

「先月までNHKの記者が詰めていたブースはもぬけの殻。5月30日の午前10時までに荷物を運び出し、鍵も返して出ていくように命じられ、追われるように撤収したそうです」(NHK関係者)

 5月下旬、マスコミ関係者の間で耳を疑うような情報が駆けめぐった。新聞社や通信社、テレビ局などの加盟社で構成されるある県警の記者クラブがNHKを「除名」とし、クラブへの一切の出入りを禁じる処分を下したというのだ。

「今後は、クラブの求めに応じて県警が行う事件のレク(レクチャー)や、会見などへの出席も認められないといいます。事実上、記者クラブからの“追放”で、公共放送のNHKにとっては死活問題。前代未聞の異常事態です」(前出・NHK関係者)

 なぜ、NHKは記者クラブをそこまで怒らせてしまったのか。発端は、知床観光船の沈没事故に関するNHKの報道だった。

「5月5日にNHKの地方局に所属する記者が“独自”と打って放送したニュースに対し、事故の遺族からクラブ側に抗議が寄せられたのです。翌日、ウェブでも配信された記事の内容は、事故が起きる前から無線連絡が適切に行われていなかった疑いがあるという、資料に基づく重要な問題を取り上げたものでした」(NHK記者)

 ところが、その資料は本来、遺族側が記者クラブで共有するよう伝えた上で、NHKの記者に託したものだった。

「沈没事故をめぐっては遺族に取材が殺到するなどのメディアスクラムを避けるために、一社が代表で話を聞くといった、節度ある取材を行うよう申し合わせていた経緯がありました。県警の記者クラブではNHKが幹事社となっていましたが、詳しい事情を把握していなかった記者が個別取材を行ったことで、結果的に記者クラブと遺族の信頼関係が損なわれてしまったというのです」(社会部記者)

 朝日新聞を筆頭に記者クラブの加盟社はNHKの単独行動に激怒。「クラブの品位が傷つけられた」と非難の声が上がった。

 事態を悪化させたのは、その後のNHKの不誠実な対応だった。実は一連の問題は、5月12日に行われた前田晃伸NHK会長の会見でも議題に上がっていた。

「遺族から各社あてに提供された資料をNHKが独占的に放送した問題を指摘された担当者は『取材・制作の詳しい過程についてはお答えを控える』とし、前田会長も『ご遺族の意向に反するようなことをしてはいけないと思っています』と述べるにとどまりました。

 記者クラブに対しても充分な説明を果たさず、あくまでも独自取材という主張を貫き、放送後に記者クラブに配布した問題の資料は『取材源の秘匿』を理由に入手経緯を明かそうともしなかったのです」(前出・社会部記者)

「知床遊覧船」のホームページより

運航していた頃のKAZU I(「知床遊覧船」のホームページより)

関連キーワード

関連記事

トピックス

《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン