国内

蓮舫氏、ライバル・生稲晃子登場にも余裕? 参院選間近の「ワイン昼飲み」

ワインを注ぐ蓮舫

渋い表情でワインを注ぐ蓮舫氏(2022年5月)

 1時間ほどで1本のワインボトルを空けた蓮舫氏。その後、会計を済ませると、白い犬2匹を連れて娘と店を後にした。

 蓮舫氏といえば今年3月、溺愛していた俳優の長男・村田琳(24)との“絶縁”が『女性セブン』によって報じられた。長男は蓮舫氏の“宿敵”である自民党に入党届を出し、自民党の大物フィクサーとして知られる実業家と養子縁組をして、名字を変えたという。その原因は、野党として仕事をする蓮舫氏の姿を見ていて、限界を感じたからだというから皮肉なものだ。芸能関係者はこう話す。

「あの騒動は蓮舫さんにとって相当ショックだったようです。アイドルグループに所属していた息子さんのライブによく足を運び、ペンライトを熱心に振る姿がよく目撃されていましたし、息子さんの仕事現場に行ったりもしていた。それくらい溺愛していた息子がライバル政党に入党。今後もしかしたら息子と戦う場面も出てくるかもしれません。

 一方、娘さんは以前から蓮舫さんの政治活動を手伝っていて、2016年の参院選では娘さんが蓮舫さんにぴったりくっついて回り、蓮舫さんは関係者に娘さんを紹介していた。蓮舫さんの名刺配りなどをしている様子も見られました。

 2020年8月に夫でジャーナリストの村田信之氏と離婚した蓮舫さんは、今では自身の政治活動を一番近くで支援してくれる存在として、娘さんを大切にしているのでしょう」

 余裕に見えた「昼飲み」は、参院選に向けた娘との決起集会だったのかもしれない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
【相続の備え】お盆こそ親子で話せる絶好の機会、事前に話し合っておくべきこと
【相続の備え】お盆こそ親子で話せる絶好の機会、事前に話し合っておくべきこと
マネーポストWEB