グラビア

70歳でセクシーグラビア披露の児島美ゆき、未掲載カット特別公開「元気づけられたら」

セクシーなグラビアで注目を集めている女優・児島美ゆき

セクシーなグラビアで注目を集めている女優・児島美ゆき

 今年3月に70歳でセクシーな姿を披露した女優・児島美ゆきのグラビアは、往年のファンをはじめ巷で評判が高まっている。フリーアナウンサーの生島ヒロシ氏は「憧れの“十兵衛”が帰って来ました! 半世紀の時を超えても変わらぬ美しさに、思わず目を疑ってしまいました。サイコーです! そして、ありがとう!」と絶賛。心理学者の富田隆氏は「美ゆきは聖母。時空を超える。そのいたずらな聖母の胸でいやされたい」とコメントを寄せた。児島本人はこう語る。

「女性としての自分は50歳で終わりを迎えると思っていました。そんな時に(カメラマンの)山岸伸さんからお話をいただき、最後の姿として写真集『陽炎』(2003年)を撮っていただきました。撮影がすべて終わった時に、寂しく思ったのを覚えています。

 しかし、2年前、『ハレンチ学園』50周年という節目にヌードになりました。その時に“今が一番素晴らしい時だ”と思いました。女性は60歳からが人生の始まりです。おかげさまで今年70歳の記念に撮影したグラビアも、多くの女子友達が絶賛してくれました。

 多くの方々に支えられ、今が心身ともに充実しています。だから、今の私の姿を見てもらい世の中の人たちを少しでも元気づけられたらとも思っています」

 どんどん美しさに磨きがかかっている児島美ゆき。このたびデジタル写真集が紙の写真集として限定発売されるのを記念して、未掲載カットを特別公開する。

【プロフィール】
児島美ゆき(こじま・みゆき)/1952年生まれ、東京都出身。13歳から児童劇団に所属し、高校3年生の1970年に映画『ハレンチ学園』のオーディションに合格。主演の柳生十兵衛こと柳生みつ子役で女優デビュー。1981年のTVドラマ『北の国から』では、ホステスのこごみ役で再び世の男性を魅了し、『ガラスの知恵の輪』(1982年)では萩原健一の恋人役を好演。2019年『やすらぎの刻~道』に出演のほか、映画や舞台、歌手活動などで活躍中。

【本人直筆サイン入り写真集を100セット限定販売】
世に衝撃を与えたデジタル写真集『児島美ゆき 68歳、女ざかり』『児島美ゆき 70歳、ますます女ざかり』の2冊が、完全受注生産で紙の写真集として発売される。各写真集に本人直筆であなたのお名前とサインが入って2冊セット税込み8800円(配送料込み)です。 申し込みフォーム→ http://p.sgkm.jp/kjmpod2206

撮影/山岸伸

※週刊ポスト2022年7月1日号

児島美ゆき(こじま・みゆき)/1952年生まれ、東京都出身。13歳から児童劇団に所属

児島美ゆき(こじま・みゆき)/1952年生まれ、東京都出身。13歳から児童劇団に所属

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン