国内

乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦

5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」

5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」

 静岡県・浜名湖で起きた「120人乱交パーティ」摘発事件(6月12日)が、“愛好家”界隈に衝撃を与えている。

「公然わいせつ幇助で逮捕された主催者の50代男女は、これまでも数々のパーティを開催してきた伝説のカップルでした。これを機に摘発機運が高まるのではないか、とみんな怯えています」

 そう話す“愛好家”のAさん(40代男性)によれば、ここ数年、全国各地で乱交パーティが隆盛を極めていたと証言する。

「コロナ禍で稼げなくなった風俗嬢が、乱交パーティを主催しまくっているんです。仲間内で声を掛け合い、参加者1人あたり3万円取るような営利目的の会で、いわゆるパーティビジネス。会場はホテルだったり、知り合いのバーを貸し切るような形です。1日3部制で開催して荒稼ぎする人もいました」

 こうした風潮に神経を尖らせていたのが、ハプニングバーの経営者たちだったという。風俗業界に詳しいジャーナリストの河合桃子氏が語る。

「店内で乱交の場を提供してきたハプニングバーからすれば、個人レベルでのパーティ開催が増えてくると、商売あがったりになってしまう。近年はハプバーと個人パーティ主催者双方が警察に密告し合うという泥沼のバトルが起きていたとも聞きます」

 5月7日に東京・渋谷の巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」が摘発されるなど、このところ乱交界隈は当局による手入れが続いている。

「これまでも乱交パーティの摘発は夏か冬に行なわれることが多かった。風紀が緩む大型連休前に、見せしめの意味も込めて摘発してきたと言われています。今年は個人でのパーティ主催が激増していることもあり、当局が例年以上に目を光らせている。まだしばらくは摘発劇が続くかもしれません」(河合氏)

 まだ新しい動きがあるかもしれない。

※週刊ポスト2022年7月8・15日号

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン