国内

選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に

選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)

選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)

 子供が通う学校や教師に対して不当な要求やクレームをする保護者のことをモンスターペアレント、ネットではおもに略してモンペという呼び名が定着し、非難される在り方として知られている。とはいえ、その存在は根強く悩まされる人は今も少なくない。それに続く存在になりそうなのが、選挙になると立候補者の近くに出現して、あり得ない言動をするモンスター有権者と呼びたくなるような人たちだ。ライターの森鷹久氏が、注目を集める「票ハラスメント」の実態についてレポートする。

 * * *
 参院選を直前に控え、テレビ新聞各社が選挙戦に関連するニュースを報じ始める中、6月23日、TBSは女性議員たちが悩む「票ハラスメント」問題について取り上げ、大きな反響があった。番組内では、東京都内の現役女性区議が経験したとおぞましい「票ハラ」の実態を紹介。有権者から、票が欲しいのなら「ほっぺにチューをして」と言われた、握手だと思ったら執拗に手を触りつづけられた、という生々しい証言が飛び出した。

 その前日には、福岡県議会で「議員に対するハラスメント」を防ぐ条例案が可決。有権者が投票と引き換えに不快な言動を議員に行う「票ハラ」だけでなく、議員を目指す人や秘書、事務所スタッフら関係者に対するハラスメントの防止も含まれているという。

「こうやって票ハラの実態が明るみになったことはよかった。今回の参院選では、女性候補の割合も過去最多。でも、一番重要な部分が語られていない。指摘もされていない」

 こう話すのは、北部九州地区の現役市議・A子さん(40代)。A子さん自身も選挙時に、有権者の男性からハグを迫られたり手を執拗に握り締められたりした経験があると話すが、票ハラはそれだけではない。

「地元の集会所などを回るのですが、行き先で地元の有権者たちが飲み会を開いているということもしばしば。有権者の男性に手酌をしてまわり、肩を抱かれ、キスされた経験もあります。まるでホステスのようですが、地元では『これが慣例だ』と、所属政党の支部長に言われてしまいました。有権者からも『サービスしろ、議員なら市民を喜ばせろ』と野次まで。悔しくて涙が出ましたが、我慢するしかなかった」(A子市議)

 いくら地方都市とはいえ、地域の「政党支部」公認するどころか、もっといえば政党が強要する「セクハラ」が展開されていたというのだから空いた口が塞がらない。

「東北や関東にいる知人の女性市議も、同様の被害を受けたと、全国大会などの会合で私に打ち明けてくれたことがあります。みんな我慢しているのです」(A子市議)

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン