国内

LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】

米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏

米ロサンゼルスで警察官して働く日本人女性YURI氏

 全米屈指の犯罪都市でもあるロサンゼルス。そこで警察官として日夜、公務に励む日本人女性がYURI(永田有理)さんだ。34歳の時に現地のポリス・アカデミー(警察学校)に入学して警察官になり、世界有数の危険地域の治安維持に奮闘する彼女の目に、いまの日本社会はどう映るのか。日本に7年ぶりに一時帰国したYURIさんに話を聞いた。【前後編の前編】

──YURIさんはロスではどのような仕事をしているのですか。

YURI:ロサンゼルス近郊を巡回するパトロールが主な任務です。毎朝3時に起きて軽く筋トレをして、5時から勤務。朝イチのミーテイングでは「昨日はここで殺人事件があった」とか、「このエリアで麻薬犯罪が増えている」などの情報を頭に叩き込み、パトカーに乗り込んでパトロールしています。

日本に一時帰国したYURI氏に聞いた

日本に一時帰国したYURI氏に聞いた

日本の「防犯意識の低さ」に驚いた

──世界有数の犯罪都市と恐れられるロスの治安はいかがですか。

YURI:もともと治安の悪い地域ですが、コロナ以降はさらに犯罪が増えました。身の回りが物騒だから銃を持とうとの一般人の意識が高まり、自粛期間中でもガンショップの前にだけ行列ができていました。私は一人でパトカーに乗ってパトロールすることが多いですが、「これはヤバそうだな」という現場に遭遇して、応援を呼ぶ機会が増えました。

 一部のアメリカ人はポリスが大嫌いで、私たちを見るといきなりドーナツを投げてきたり、スマホの動画で警察官の動向を撮ってライブ中継を始めることがあります。日本のお巡りさんは地域に受け入れられているけど、向こうは警察に対するリスペクトがゼロの人がいるのでなかなか対応が難しい。

──5月に日本に一時帰国されましたが、およそ7年ぶりの日本はどうでしたか。

YURI:やはり気になるのは防犯面の危機感の低さです。とくに驚いたのは電車の中。みんな座ると同時にスマホを開いて画面に集中して、周りのことをまるで気にしていません。スマホを見ながらヘッドフォンで音楽を聴く人がいましたが、ダブルパンチでヤバい。アメリカでそれをやると窃盗や強盗に遭う確率が高く、シューティング(銃撃戦)が発生したら確実に逃げ遅れます。駅のホームで酔っぱらって寝ている人がいたことにも驚きました。

 それに夜道は街灯がなくて暗い。犯罪者が“今日は道端で5人刺そう”と目標を立てたら、簡単に達成できるでしょうね。歩道は狭く、樹木などで車道と隔てられているので人が隠れていても見つけられず、いきなり襲われたら逃げようがない。

──カフェや娯楽施設などでも、席にカバンを置いたままトイレに行く人がいます。

YURI:パソコンまで席に置いていく人がいてびっくりしました。アメリカなら確実に盗まれます。アメリカ人は店などでトイレに行く際、隣りの見知らぬ人に『ちょっとこのパソコン、見ておいてね』と言ってからその場を離れますが、日本ではそうしたコミュニケーションは見かけません。隣りの人に頼まないのなら、カバンや荷物は絶対にトイレまでもっていくべきだと思います。

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン