国内

LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】

米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏

米ロサンゼルスで警察官して働く日本人女性YURI氏

 全米屈指の犯罪都市でもあるロサンゼルス。そこで警察官として日夜、公務に励む日本人女性がYURI(永田有理)さんだ。34歳の時に現地のポリス・アカデミー(警察学校)に入学して警察官になり、世界有数の危険地域の治安維持に奮闘する彼女の目に、いまの日本社会はどう映るのか。日本に7年ぶりに一時帰国したYURIさんに話を聞いた。【前後編の前編】

──YURIさんはロスではどのような仕事をしているのですか。

YURI:ロサンゼルス近郊を巡回するパトロールが主な任務です。毎朝3時に起きて軽く筋トレをして、5時から勤務。朝イチのミーテイングでは「昨日はここで殺人事件があった」とか、「このエリアで麻薬犯罪が増えている」などの情報を頭に叩き込み、パトカーに乗り込んでパトロールしています。

日本に一時帰国したYURI氏に聞いた

日本に一時帰国したYURI氏に聞いた

日本の「防犯意識の低さ」に驚いた

──世界有数の犯罪都市と恐れられるロスの治安はいかがですか。

YURI:もともと治安の悪い地域ですが、コロナ以降はさらに犯罪が増えました。身の回りが物騒だから銃を持とうとの一般人の意識が高まり、自粛期間中でもガンショップの前にだけ行列ができていました。私は一人でパトカーに乗ってパトロールすることが多いですが、「これはヤバそうだな」という現場に遭遇して、応援を呼ぶ機会が増えました。

 一部のアメリカ人はポリスが大嫌いで、私たちを見るといきなりドーナツを投げてきたり、スマホの動画で警察官の動向を撮ってライブ中継を始めることがあります。日本のお巡りさんは地域に受け入れられているけど、向こうは警察に対するリスペクトがゼロの人がいるのでなかなか対応が難しい。

──5月に日本に一時帰国されましたが、およそ7年ぶりの日本はどうでしたか。

YURI:やはり気になるのは防犯面の危機感の低さです。とくに驚いたのは電車の中。みんな座ると同時にスマホを開いて画面に集中して、周りのことをまるで気にしていません。スマホを見ながらヘッドフォンで音楽を聴く人がいましたが、ダブルパンチでヤバい。アメリカでそれをやると窃盗や強盗に遭う確率が高く、シューティング(銃撃戦)が発生したら確実に逃げ遅れます。駅のホームで酔っぱらって寝ている人がいたことにも驚きました。

 それに夜道は街灯がなくて暗い。犯罪者が“今日は道端で5人刺そう”と目標を立てたら、簡単に達成できるでしょうね。歩道は狭く、樹木などで車道と隔てられているので人が隠れていても見つけられず、いきなり襲われたら逃げようがない。

──カフェや娯楽施設などでも、席にカバンを置いたままトイレに行く人がいます。

YURI:パソコンまで席に置いていく人がいてびっくりしました。アメリカなら確実に盗まれます。アメリカ人は店などでトイレに行く際、隣りの見知らぬ人に『ちょっとこのパソコン、見ておいてね』と言ってからその場を離れますが、日本ではそうしたコミュニケーションは見かけません。隣りの人に頼まないのなら、カバンや荷物は絶対にトイレまでもっていくべきだと思います。

関連記事

トピックス

1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン