芸能

美輪明宏が人知れず闘病生活、“息子”が寄り添い通院 着々と進める生前整理

美輪明宏

美輪明宏は生前整理も進めているという

 コロナ禍で美輪明宏(87才)が仕事をセーブし始めたのは約2年前。その背景に壮絶な闘病生活があったことは知られていない。体力維持に努める一方で老いを受け入れた美輪は故郷の「墓じまい」を済ませ、着々と生前整理を進めている。

 うだるような暑さとなった7月上旬のある日の午後。陽炎が立ち上る都心の道を、ゆったりした足取りで歩いていたのは美輪明宏だ。付き添いの男性に支えられながら一歩一歩、自らの足で歩を進めていく。かつてスピリチュアルブームの火付け役となり、「愛の伝道師」と称された美輪。トレードマークの金髪は帽子に隠れているが、それでも全身から放たれる“オーラ”は衰えていない。

 たどり着いた先は、神経内科の専門医として定評のある院長が運営するクリニックだった。2019年9月、美輪は自宅で言葉がうまく出なくなり、病院で軽い脳梗塞と診断された。予定されていた公演を中止して2週間の入院生活を送った美輪は、病院から関係者にこんなメッセージを送った。

《ご心配をお掛けしました。申し訳ございません。ですが私は不死身です。不死鳥のように蘇ります》

 宣言通り3か月で復帰したが、その後は仕事をセーブ。芸能活動70年を迎えた昨年も特に大きなイベントを行うことはなかった。

「コロナ禍になってから本格的に仕事を減らし、舞台からは3年近く遠ざかっています。自分がコロナに感染して、多くの人に迷惑をかけてはいけないという美輪さんらしい配慮や気遣いもあるようです」(美輪の知人)

 脳梗塞になる前の2018年頃と比べ、表舞台に出る回数は激減した。

「性別や年齢をも超越した存在の美輪さんですが、来年で米寿を迎えます。少しでも体力を維持するために自宅でのストレッチを日課としていますが、数日単位で体調が変わり、思うように体が動かないときもあるそうです」(前出・美輪の知人)

 この数年は病との闘いの日々だった。

「今年に入ってからも都心の大学病院や医療センターで頻繁に目撃されていました。若い頃から気管支炎に悩まされていた美輪さんは、過去に何度も重い病に倒れ、そのたびに復活を遂げています。しかし、年齢からくる体力の衰えは否めず、脳梗塞の後遺症にも不安が残る。最近は、神経系の不調も訴えているそうで、かなり重い症状も出ているといいます」(芸能関係者)

 美輪が日々を過ごす都内の自宅は、130坪の敷地に建つ南欧風の大豪邸。30代から慣れ親しんだこの邸宅を、美輪は終の住み処と決めているという。

「昨年1月、長年所有していた新宿のマンションの一室を売却しました。近くにかかりつけの耳鼻科や行きつけの宝飾店がある新宿は、思い入れの深い街ですが、近年は出向く機会がほとんどなく手放すことにしたといいます」(前出・美輪の知人)

 人知れず闘病生活を送る美輪が進める“生前整理”。生まれ故郷の長崎でも大きな変化が起きていた──。

関連キーワード

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン