ライフ

大阪・天満の老舗酒屋の店主は“へんこ”に見えるが実は気さくで「誰でもおいでやす」

 大阪・梅田の東側、JR天満駅から徒歩5分、たこ焼き屋や串揚げ屋など昔ながらの商店が建ち並ぶアーケード街「おいでやす通り」にある『堀内酒店』。

「一見へんこ(大阪弁で頑固)やけど気さくで温かい人やで」と、常連客に慕われる3代目店主の堀内成佳(しげよし)さん(80才)が営む老舗だ。

昔ながらの商店街で長く歴史を刻んできた重みと温かさが溢れる店

昔ながらの商店街で長く歴史を刻んできた重みと温かさが溢れる店

「親父さん(店主)は実はなかなかの知識人で、字も上手いんやで」(70代)と話す客に向かって、「そんなん言うたらあかん」と店主は素っ気ない。

「親父さんは、誰でも平等に接してくれるところがいいんですよ。常連さんの輪ができていて入りにくい“立ち呑み”もあるじゃないですか。ここは誰でも気兼ねなく入れる店」(80代)

「親父さんに惹かれてくるお客さんが多いと思いますよ。酔っぱらって来るお客さんには、はい帰りぃ~ってビシッと言うし、優しさと厳しさを持ち合わせている人ですね」(40代、医療系)

「商売の醍醐味は、人間対人間でしょ。要するに会話の妙やね」と、あくまで店主は淡々としているが、静かに店の歴史を語ってくれた。

「明治初年に祖父が商売を始めて、大阪へ移ってきてここに店構えたんや。親父が跡を継いで、統制経済やった頃に、味噌や醤油、漬物なんか売っとった。その後、酒の小売り免許取って酒屋をやるようになってん。わしは、親父が亡くなって、30才のときに店を継いだんや。

 親の代からずっと“立ち呑み”はやっとったよ。昔は、ラワン材を使った1枚板のテーブルで、煙草の焦げ跡を鉋(かんな)で削ってた」(店主)。

「この界隈には、“立ち呑み”をやってる酒屋が何軒かあるけど、ここが一番古いんちゃうかな。ここへ来て、その後、もう一軒はしごすることもあるで。この町に住んだら“飲んべえ”になること間違いなしやな(笑い)。

 お客さんも親父さん(店主)も物静かで居心地がええねん。仕事終わりにまっすぐ家帰って嫁はんの顔見るんやなしに、ここへ来て自分だけの時間を持つ。この時間が私には必要不可欠なんや」(自営業、70代)

 店内には、流麗な筆文字で「店内はお静かに願います」などと書かれた張り紙がそこかしこにあり、トイレの壁には短歌が詠まれている。

「急ぐとも心静かに真ん中に」
「外に散らすな白玉の露」
「吉野の桜も散らば汚し」

「わしの遊び心なんや、わかるかいな」と、店主はにやり。

関連記事

トピックス

今季6勝目をかけたアストロズ戦に挑む(Getty Images)
投手・大谷翔平に立ちはだかる宿敵アストロズの強力打線 MLB評論家・福島良一氏が勝負のポイントを解説
NEWSポストセブン
松本人志に相手にされる芸人と、相手にされない芸人の差はどこにあるのか
松本人志に噛みつくお笑い芸人 反応してもらえる中田敦彦とスルーされる村本大輔の違い
NEWSポストセブン
天海祐希
天海祐希“何度目かの大ブーム”が到来中 ナイスキャプテンシーな言動による伝説の数々
女性セブン
安藤サクラ(写真/GettyImages)
カンヌ国際映画祭2023のレッドカーペットに登場したセレブたちの豪華絢爛ドレス姿ショット
女性セブン
2017年「侍ジャパン」の新ユニフォームを披露した筒香(時事通信フォト)
《元侍ジャパン主砲》筒香嘉智、現在の姿に衝撃走る かつては「牛のように食べる子供だった」男が激痩せする理由
NEWSポストセブン
芸能界追放危機の木下ほうか
《女優への性加害報道》木下ほうか、550万円損害賠償訴訟を取り下げていた 「法廷の場で明らかにさせていただく」から一転
NEWSポストセブン
猿之助の両親の死因は向精神薬の摂取による中毒死とされている
市川猿之助が“遺書”で宛てた付き人兼俳優 騒動後も平然と明治座に現れる姿に「恐ろしく精神の強い人」の声
女性セブン
元タレント・上岡龍太郎さん(2000年3月撮影、時事通信フォト)
《逝去》上岡龍太郎さん、58歳で潔く芸能界を退いた“男の美学”「僕の芸が通用するのは20世紀まで」「老いさらばえた姿を見せたくない」
NEWSポストセブン
羽生
羽生結弦、あふれる地元愛 仙台市内のマンション最上階2部屋を2億円で購入 父の退職を機に家族で転居
女性セブン
2010年、外国人記者クラブで会見するリナ氏。当時はプラダジャパンで部長を務めていた(写真/AFP=時事)
「ピンクの猫好きプリンセス」返金トラブルの高級スクール創立者、家賃滞納の裏で「ビバリーヒルズ移転」「16歳の息子に代表交代」
NEWSポストセブン
京香の愛犬を散歩させる長谷川博己
長谷川博己、体調不良で降板の鈴木京香の自宅に通う日々“ほぼ同棲状態”で京香の愛犬を散歩する姿も
女性セブン
横浜地裁
「陰毛を剃るためのカミソリも持参」懲役30年を求刑された横浜・5人連続レイプ魔の“鬼畜過ぎる”計画性
NEWSポストセブン