ライフ

大阪・天満の老舗酒屋の店主は“へんこ”に見えるが実は気さくで「誰でもおいでやす」

 大阪・梅田の東側、JR天満駅から徒歩5分、たこ焼き屋や串揚げ屋など昔ながらの商店が建ち並ぶアーケード街「おいでやす通り」にある『堀内酒店』。

「一見へんこ(大阪弁で頑固)やけど気さくで温かい人やで」と、常連客に慕われる3代目店主の堀内成佳(しげよし)さん(80才)が営む老舗だ。

昔ながらの商店街で長く歴史を刻んできた重みと温かさが溢れる店

昔ながらの商店街で長く歴史を刻んできた重みと温かさが溢れる店

「親父さん(店主)は実はなかなかの知識人で、字も上手いんやで」(70代)と話す客に向かって、「そんなん言うたらあかん」と店主は素っ気ない。

「親父さんは、誰でも平等に接してくれるところがいいんですよ。常連さんの輪ができていて入りにくい“立ち呑み”もあるじゃないですか。ここは誰でも気兼ねなく入れる店」(80代)

「親父さんに惹かれてくるお客さんが多いと思いますよ。酔っぱらって来るお客さんには、はい帰りぃ~ってビシッと言うし、優しさと厳しさを持ち合わせている人ですね」(40代、医療系)

「商売の醍醐味は、人間対人間でしょ。要するに会話の妙やね」と、あくまで店主は淡々としているが、静かに店の歴史を語ってくれた。

「明治初年に祖父が商売を始めて、大阪へ移ってきてここに店構えたんや。親父が跡を継いで、統制経済やった頃に、味噌や醤油、漬物なんか売っとった。その後、酒の小売り免許取って酒屋をやるようになってん。わしは、親父が亡くなって、30才のときに店を継いだんや。

 親の代からずっと“立ち呑み”はやっとったよ。昔は、ラワン材を使った1枚板のテーブルで、煙草の焦げ跡を鉋(かんな)で削ってた」(店主)。

「この界隈には、“立ち呑み”をやってる酒屋が何軒かあるけど、ここが一番古いんちゃうかな。ここへ来て、その後、もう一軒はしごすることもあるで。この町に住んだら“飲んべえ”になること間違いなしやな(笑い)。

 お客さんも親父さん(店主)も物静かで居心地がええねん。仕事終わりにまっすぐ家帰って嫁はんの顔見るんやなしに、ここへ来て自分だけの時間を持つ。この時間が私には必要不可欠なんや」(自営業、70代)

 店内には、流麗な筆文字で「店内はお静かに願います」などと書かれた張り紙がそこかしこにあり、トイレの壁には短歌が詠まれている。

「急ぐとも心静かに真ん中に」
「外に散らすな白玉の露」
「吉野の桜も散らば汚し」

「わしの遊び心なんや、わかるかいな」と、店主はにやり。

関連記事

トピックス

子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン