中学レベルの英語から勉強し直して

週20時間の勉強時間を確保しているという

カフェで勉強する小倉。週20時間の勉強時間を確保しているという(4月中旬)

 小倉は英語の勉強を優先し、中学レベルの内容からやり直していた。受験勉強を開始して5か月。7月11日放送の『100%!アピールちゃん』では、前述の通り昨年実施された全統共通テスト模試の英語に挑戦し、実力を確認した。早稲田合格ラインは100点満点中80点で、小倉は「50点取れたらいいな」と語っていたが、結果は20点。合格判定はE判定となってしまった。なお、番組で一緒にテストを受けた受験生たちの平均点は51点だった。

 敗因は、問題を解くスピードが遅かったことだ。時間が足りず、後半はほとんど当てずっぽうの状態に。小倉は「子育てもあるし、仕事もある、勉強時間も少ないしと、自分で言い訳を作っていたと気がついた」と神妙にコメントしていた。

 受験生にとっての「天王山」と言われる夏。この時期のE判定で、合格の見込みはあるのか。早稲田大学の受験に特化した通信教育予備校「早稲田合格塾」の塾長である比良寛朗氏は、あたたかい目で見る。

「模試では、念のために志望校欄いっぱいに書き込む受験生がほとんどです。『自分の立ち位置を知りたいし、この学校も一応書いておくか』程度なので、東大や京大といった超難関校狙いの受験生たちが実際に本番で小倉さんのライバルとなるかといえば、また別の話です。合格判定はひとつの目安くらいに受け止めれば十分。模試を通して、テスト慣れすることのほうが大切です。とはいえ、小倉さんの受験がかなり厳しい道のりであることは変わりませんが……」

“教育系YouTuberコバショー”としても人気を集める個別指導塾CASTDICE塾長の小林尚氏は、「もし自分が指導する生徒だったら、志望校を変えるように勧めるかもしれません」と厳しい見方を示す。

「一般論として、夏の模試の結果は重く受け止めたほうがいいでしょう。たしかに合格圏外から一気に伸びる生徒はごく少数ながら存在しますが、ほとんどが『暗記科目の勉強が間に合わなかったせいで、総合点数が低かった』や『学力はあったが本番形式に慣れていなかった』というパターンです。小倉さんは英語をメインに勉強してきて、その英語だけを受けてE判定でした。かなり厳しい結果だとは思います」

 ただ、小林氏は今回の受験企画に意義を感じているという。

「『小倉さんが頑張っているから自分も頑張りたい、負けたくない』という受験生の声を聞いています。大人の有名人が勉強に励む姿勢を見せることが、子どもたちへの良い刺激になっているのは間違いありません。そういう意味では素晴らしい活動だと思っています」

 高い壁に挑む小倉の姿が、受験生たちに勇気を与えている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「徳洲会」創設者・徳田虎雄氏。86歳で亡くなった(時事通信フォト)
【追悼】徳田虎雄さん 原動力となった「医療に革命を起こそうとする意志」 戦友が明かす「手についたぎょうさんの傷」への思い
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン