国内

元信者の金沢大学教授が明かす旧統一教会「合同結婚式」と「性観念」のリアル

「そこに統一教会の性観念が表われている」と金沢大学法学類教授・仲正昌樹氏は語る(時事通信フォト)

「統一教会の性観念」について金沢大学法学類教授・仲正昌樹氏は語る(時事通信フォト)

 安倍晋三元首相銃撃事件で逮捕された山上徹也容疑者の母親が入信していた旧統一教会(宗教法人「世界平和統一家庭連合」)に再び注目が集まっている。巨額の献金とともにクローズアップされるのが、「合同結婚式」だ。

 金沢大学法学類教授・仲正昌樹氏(59)は、「そこに統一教会の性観念が表われている」という。仲正氏は東京大学に入学した1981年に駒場正門前で勧誘され入信し、1992年までの11年半、信者として活動していた。仲正氏が語る。

 * * *
 統一教会は基本的に聖書を独自に解釈する宗教ですが、特に重要なのが「失楽園」の話で、統一教会は「アダムとエバは堕落してセックスをする」ということを強調します。堕落したアダムとエバがセックスして産んだ子が溢れているから、この世はサタンの影響力が強い。信者はその「原罪」を清算しないといけないし、教祖の文鮮明氏によって祝福された相手以外の人とセックスすることは、罪を再生産する、サタン側に加担する非常に重い罪になるわけです。

 ですから性的関心に繋がることは許されません。僕が大学時代に住んでいたホームでも、女の子と笑顔で喋るとホームの管理者に呼び出され目をつけられるということがあった。ボディタッチなんて絶対ダメです。

 オナニーも許されていませんでした。厳しいカトリックの戒律とほとんど同じですね。神が定めた用途以外で性器を使うことは神の摂理に反していると。私もその期間はオナニーをしなかった。

 知られている合同結婚式は、いわば「大型婚約式」なんです。事前に文鮮明氏によってマッチングされた「相対者」(統一教会では教祖が定めたカップルの男性を「主体者」、女性を「相対者」という)と、合同結婚式で文鮮明氏に聖水をかけられることで、2人は「祝福」され、原罪から一時的に解放されたことになる。

 でもその後すぐにセックスしていいということにはなりません。人はサタンの世界に生まれたから「堕落本性」があり、それを抑えるために約3年間、関係を持ってはいけない期間がもたれます。「聖別期間」と呼ばれるその期間を通じて、自分の性をコントロールできるようになる。関係を持っていいか否かは許可制になり、教会に「堕落本性を克服した」とみなされて初めて許可が下りる。それまでは絶対にセックスしてはいけません。

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン