芸能

怪優・佐藤二朗の正体 野間口徹は「アドリブっぽく見せて、全部緻密な計算」と分析

一癖も二癖もある役を演じる(写真提供/NHK)

佐藤二朗を俳優仲間はどう見ている?(写真提供/NHK)

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で中心人物を担っている佐藤二朗(53)。一癖も二癖もある役を演じる怪優として知られるが、俳優仲間や監督はその演技をどのように見ているのだろうか。【全4回の第3回。第1回から読む

「この人は底が知れない」

 佐藤と同じ信州大学出身で、同じくバイプレイヤーとして活躍する野間口徹は、佐藤についてこう語る。

「大学時代はちょうど入れ違いで、二朗さんを知ったのは僕も大学を卒業した後でした。2学年上の先輩から『佐藤って人も役者やってるよ』と聞いていて、たまたま連れて行かれた劇団『ちからわざ』の公演に二朗さんが出ていて、初めて顔と名前が一致したんです。

 これを言うと二朗さんに“営業妨害だ”って言われますが、二朗さんの演技はアドリブっぽく見せて、全部緻密な計算をされていると思います」

 なかでも野間口が感銘を受けたのが、『わたしたちの教科書』(2007年・フジテレビ系)での佐藤の演技だったという。ことなかれ主義で、死んだ女子生徒がいじめられていたことを知りながら、ずっと隠し続けていた中年教師(佐藤)。しかし、法廷で菅野美穂演じる弁護士に問い詰められ、ついに「いじめはあった」と告白する。物語が急転する重要な場面だ。

「《その瞬間から泣き始めるんだ、この人は底が知れない人だ》と二朗さんに長文のメールを送りました。役者に直接感想を伝えたのは、後にも先にもあの時だけです。

“そんな人いないよ”というようなキャラクターも、“いや、いるかも……”と思わせてくれるところがすごい。ご本人はつらいこと、苦しいことを笑いに変えてくれる素敵なお兄さん、いや、オジさんなんですけどね」(同前)

“超個性派”であり繊細な佐藤には、どの俳優も近づけない魅力があるというのだ。

 堤幸彦監督もこう証言する。

「他の役者に『アドリブしてよ』と言っても、ちょっとしたわざとらしさを感じたり、“これはアドリブでしょうね”と読めるものになってしまう。ところが佐藤二朗に関しては、そもそもがアドリブなのか、台詞なのか、演出されたものなのか、自分で考えたものなのか。その境界線を曖昧にするところに彼の存在意義、個性がある。いわば佐藤二朗という“表現の塊”としか考えられません」

(第4回につづく)

※週刊ポスト2022年8月5・12日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手(時事通信フォト)と妻・真美子さん(富士通レッドウェーブ公式ブログより)
《水原一平ショック》大谷翔平は「真美子なら安心してボケられる」妻の同級生が明かした「女神様キャラ」な一面
NEWSポストセブン
裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン