芸能

松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い

松田聖子を目撃

松田聖子が夫・A氏とカジュアルなファッションでお出かけ

「お、ねだん以上。」のキャッチコピーを掲げる庶民的な家具店に、7月下旬、意外な人物の姿があった。松田聖子(60才)だ。ネイビーのワンピースにmiu miuのミニバッグを合わせ、スニーカーでドレスダウン。隣に寄り添う夫・A氏も、ネイビーのポロシャツを着用し、傍から見ても仲のよさがうかがえるコーディネートだ。ふたりは人気のない売り場にさしかかると、A氏の手がそっと伸び、聖子もごく自然にその手を握り返すのだった。

 結婚して10年経ついまも、仲睦まじいふたり。この半年はこれまでにも増して、聖子にとってA氏はなくてはならない存在だった。神田沙也加さんが35才の若さでこの世を去ってから7か月が経つ。悲しみが癒えない中、新たな動きがあった。

「7月26日、アパレルブランド『メゾン・ド・フルール』が、沙也加さんがプロデュースしていたラインの“新作”を発表しました。『最終楽章』と銘打たれ、洋服には沙也加さんが選んだ生地が使用されます。生前、手描きで残していた未公開のデザインやコンセプトも多数含まれ、いわば『もう1つの遺言』を知ることができるそうです」(アパレル関係者)

 1つずつ昇華されていく沙也加さんの遺した作品たち。一方で、未解決の問題もある。

「初盆を迎えるというのに、お墓がまだ決まっていないんです」(芸能関係者)

 四十九日法要が営まれたのは、A氏一族の菩提寺だった。

「その菩提寺にお墓を建てて納骨する可能性もありました。ですが、沙也加さんはAさんに対して複雑な感情を抱いていたそうで、聖子さんはかなり悩んでいた。結局、お骨は持ち帰り、いまだ自宅に置いているといいます」(前出・芸能関係者)

 愛娘の墓をめぐり、聖子の苦悩は続いている。

「聖子さんと沙也加さんは、母娘関係がうまくいかず、連絡を取らない時期があった。聖子さんは今度こそ寂しい思いをさせたくないのでしょう。新しい墓を建て、『将来的には、母と私と沙也加、3人でそのお墓に入りたい』と考えているそうです」(前出・芸能関係者)

 6月からは全国ツアーを開催するなど精力的に活動している聖子だが、ふとした瞬間に悲しみが襲ってくることがあるという。

「聖子さんの自宅には、かつて沙也加さんが使っていた部屋もあります。聖子さんはそこでお化粧をしたり、沙也加さんが愛用していた手鏡を使ったりと、生前の娘の存在に触れているそうです」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン