芸能

『石子と羽男』の有村架純 「笑わないと可愛くない」評価への挑戦は実に爽快

番組公式HPより

番組公式HPより

 ファンにとっては継続視聴するか否かを絞り込む段階かもしれない。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 いよいよ夏のドラマが出揃いました。ネット上の記事で目立つのは「惨敗に等しい」「総崩れ」「苦戦」といった否定的なワードです。根拠になっているのが「視聴率二桁に届かない」という指摘だったりする。果たして実情にあっているか。放送時のリアルタイム視聴を基準にする発想は、時代にそぐわなくなってはいないでしょうか?

 録画して見る人もいればTVerで無料視聴、あるいは『六本木クラス』はNetflixでも見ることができたりする。動画配信サービスならCMでストーリーが遮られることもない。自分の好きなタイミングで視聴できるとすれば、そちらを選ぶ人も増えているのでは?

 既存の視聴率を理由に否定的な話を重ねるよりも、じっくりドラマを楽しもうと考える視聴者に、いったいどのドラマの誰が見所か、どの点が面白く味わい深いか、という情報を届けることが大切かもしれません。ということで、夏ドラマで注目したい女優をピックアップ。        

●有村架純

 『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』(TBS系 金曜午後10時)。数字だけ見れば「一桁台」ですが、TVer総合ランキングや満足度調査でも好評を得ています。

 東大卒のパラリーガルを演じる有村架純さんが、収支や節約ばかり訴え理屈っぽく「頭の固い」キャラクターを、妙味あるスピード感で好演しています。「笑わない有村さんは可愛くない」などの評価も見かけたりしましたが、いやいやどうして。これまでのイメージを脱皮し、伸び伸びとチャレンジしている有村さんの姿が実に爽快です。

 石子は東大卒のプライドの高さと4回司法試験に落ちたコンプレックス、両方詰まったこじらせ人物。舌打ちしたり眉間にしわを寄せたり、グイグイ意見を述べ行動したりする一方で、どこかに弱さや繊細さ、そして純粋さを隠し持っていそう。微妙なキャラクターを有村さんが上手に演じています。

 石子の輝きを引き出しているもう一つの存在が、高卒の弁護士「羽男」こと羽根岡佳男を演じる中村倫也さんです。イヤミ感たっぷりの弁護士を、実に楽しそうに演じる中村さん。とは言っても、羽男も自信満々とはいかず「型破りな天才弁護士」に憧れているあたり、石子と形は違うがコンプレックスを抱えている。

 そう、二人は似たもの同士。正反対のキャラのようでいて、無意識に共振しあっている。有村さんと中村さんのそのあたりの演技が実に絶妙で楽しい。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン