スポーツ

佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い

背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)

背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)

 今年も「夏の甲子園」が開幕する。ただ、才能溢れる球児が必ずしも聖地に辿り着くとは限らない。最たる例がロッテ・佐々木朗希だろう。高3の夏、岩手大会決勝でまさかの「登板回避」──当事者たちは今、どう振り返るのか。当時の監督やナインの克明な証言を収録した新刊『甲子園と令和の怪物』の著者・柳川悠二氏がレポートする。【前後編の前編。文中敬称略】

 * * *

ナインの夢が絶たれた

 令和の怪物が、覚醒の時を迎えている。

 千葉ロッテに入団して3年目の今季、佐々木朗希(20)は4月10日に史上最年少で完全試合を達成し、オールスターでもパ・リーグの先発投手部門に1位で選出された。「日本のエース」と呼ばれる日も間もなくだろう。

 岩手県立大船渡高校の監督・國保陽平が、岩手大会決勝・花巻東戦で投打の要だった佐々木を起用しなかったのはわずか3年前だ。その理由は「故障から守るため」。結果、大船渡は大敗を喫し、35年ぶりの甲子園出場は果たせなかった。

 目先の勝利よりも、佐々木の将来を優先し、この飛躍を導いたという点で、あの日の國保の決断は英断だったのかもしれない。今春、國保は私の取材にこう答えている。

「正解だったのか、間違っていたのか、それは分かりません。結局、朗希が登板しなくても、勝てるようなチーム作りが僕にはできなかったわけですから。当時、監督として一番恐れたのはヒジの故障です。決勝までにかなりの球数を投げていた朗希の右ヒジが、勝てば甲子園という状況の決勝で160キロ超というボールの出力に耐えられるのか。そこを懸念しました」

 決勝で投げさせたとしても将来に影響を与えるようなケガを佐々木が負うことはなかったかもしれない。だが、故障リスクの最も高い日だったことは間違いない──。だからこそ登板させなかったことの後悔は國保になく、「もう一度、あの日に戻ったとしても僕は投げさせません」と断言した。

 私は2019年夏以降、幾度も岩手に足を運び、いっさいの取材を拒否していた國保との距離を少しずつ縮めていった。

 しかし、甲子園という唯一無二の夢を絶たれた他のナインたちは、当時、國保の決断に納得し、敗北を素直に受け入れることができたのだろうか。その疑念が拭いきれない以上、私も「登板回避事件」の取材に決着を付けることはできなかった。そんな折、あの日の決勝の「もうひとりの主役」とアポイントが取れた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン