スポーツ

佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い

背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)

背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)

 今年も「夏の甲子園」が開幕する。ただ、才能溢れる球児が必ずしも聖地に辿り着くとは限らない。最たる例がロッテ・佐々木朗希だろう。高3の夏、岩手大会決勝でまさかの「登板回避」──当事者たちは今、どう振り返るのか。当時の監督やナインの克明な証言を収録した新刊『甲子園と令和の怪物』の著者・柳川悠二氏がレポートする。【前後編の前編。文中敬称略】

 * * *

ナインの夢が絶たれた

 令和の怪物が、覚醒の時を迎えている。

 千葉ロッテに入団して3年目の今季、佐々木朗希(20)は4月10日に史上最年少で完全試合を達成し、オールスターでもパ・リーグの先発投手部門に1位で選出された。「日本のエース」と呼ばれる日も間もなくだろう。

 岩手県立大船渡高校の監督・國保陽平が、岩手大会決勝・花巻東戦で投打の要だった佐々木を起用しなかったのはわずか3年前だ。その理由は「故障から守るため」。結果、大船渡は大敗を喫し、35年ぶりの甲子園出場は果たせなかった。

 目先の勝利よりも、佐々木の将来を優先し、この飛躍を導いたという点で、あの日の國保の決断は英断だったのかもしれない。今春、國保は私の取材にこう答えている。

「正解だったのか、間違っていたのか、それは分かりません。結局、朗希が登板しなくても、勝てるようなチーム作りが僕にはできなかったわけですから。当時、監督として一番恐れたのはヒジの故障です。決勝までにかなりの球数を投げていた朗希の右ヒジが、勝てば甲子園という状況の決勝で160キロ超というボールの出力に耐えられるのか。そこを懸念しました」

 決勝で投げさせたとしても将来に影響を与えるようなケガを佐々木が負うことはなかったかもしれない。だが、故障リスクの最も高い日だったことは間違いない──。だからこそ登板させなかったことの後悔は國保になく、「もう一度、あの日に戻ったとしても僕は投げさせません」と断言した。

 私は2019年夏以降、幾度も岩手に足を運び、いっさいの取材を拒否していた國保との距離を少しずつ縮めていった。

 しかし、甲子園という唯一無二の夢を絶たれた他のナインたちは、当時、國保の決断に納得し、敗北を素直に受け入れることができたのだろうか。その疑念が拭いきれない以上、私も「登板回避事件」の取材に決着を付けることはできなかった。そんな折、あの日の決勝の「もうひとりの主役」とアポイントが取れた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン