芸能

かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」

五社英雄監督の思い出をかたせ梨乃が振り返る(C)五社プロダクション

五社英雄監督の思い出をかたせ梨乃が振り返る(C)五社プロダクション

 日本の娯楽映画史に燦然たる足跡を残した五社英雄監督が、没後30年を迎える。迫力ある殺陣や濃厚な濡れ場演出への並々ならぬ情念は広くファンを魅きつけた。五社作品へ数多く出演した女優・かたせ梨乃が振り返る。

 * * *
 私は五社さんを「お父さん」と呼んでいました。本当の父親のような包容力のある方でしたし、一から育ててもらった〝女優としての父〟でもあるからです。

 初めてお会いしたのは、『極道の妻たち』(1986年)の時。当時の私はこれといった代表作のない女優でしたから大抜擢でした。監督は丁寧に指導して下さり、立ち居振る舞いすべてを監督にやって頂き、いろいろ教えて下さいました。私の女優デビューは『極妻』だったと思っているぐらい、いろいろ教えて下さったんです。

 でも、次の『吉原炎上』以降の現場では「女優は君だけじゃない」という厳しいお言葉でした。だから必死に自分の頭でお芝居を考えましたよ。そうしたら、撮影終わりに呼び出されて、「お芝居よかったね。どこで勉強したの?」って。もう、飛び上がって喜びましたよ。監督はアメとムチが上手なの。

 五社さんはリアリティを追求する人でしたから、いつだって現場は大変でした。『肉体の門』では、本物の牛をさばこうとして、ギリギリのところでスタッフに止められていたほど(笑)。それに「映画は娯楽でなければならない」とよく口にしていらっしゃいました。だから、訳の分からない映画は作らない。自分の作りたいものと観客が見て楽しめるもののギリギリのバランスを見極めていらしたんだと思います。

 私が現場で感じたのは、監督とスタッフの絆の強さ。『吉原炎上』ラストの町が燃えるシーンで、カットがかかった後、消火用の水が出なかったんです。ほんの数秒でしたが、一歩間違えれば大火事になるところ。でも、監督はじっと椅子に座っているんです。まるでセットと心中してもいいと思っているかのように落ち着いていました。危うく「太秦炎上」になりかけていたのに(笑)。そこまでスタッフを信じ切れるのがすごいし、スタッフ側もみんな監督を尊敬していて、「監督についていくぞ!」という気持ちにあふれていたのを今でも覚えています。

【プロフィール】
かたせ梨乃(かたせ・りの)/1957年、東京都出身。大学在学中にモデルデビュー。テレビ番組の司会などを経て女優に転身。五社作品の代表作に『極道の妻たち』『肉体の門』などがある。

※週刊ポスト2022年8月19・26日号

『吉原炎上』の撮影現場での五社監督とかたせさん。「自分で考えなさい」と言われることが多かったという(C)五社プロダクション

『吉原炎上』の撮影現場での五社監督とかたせさん。「自分で考えなさい」と言われることが多かったという(C)五社プロダクション

関連キーワード

関連記事

トピックス

「夢みる光源氏」展を鑑賞される愛子さま
【9割賛成の調査結果も】女性天皇についての議論は膠着状態 結婚に関して身動きが取れない愛子さまが卒論に選んだ「生涯未婚の内親王」
女性セブン
勝負強さは健在のDeNA筒香嘉智(時事通信フォト)
DeNA筒香嘉智、日本復帰で即大活躍のウラにチームメイトの“粋な計らい” 主砲・牧秀悟が音頭を取った「チャラい歓迎」
週刊ポスト
『虎に翼』の公式Xより
ドラマ通が選ぶ「最高の弁護士ドラマ」ランキング 圧倒的1位は『リーガル・ハイ』、キャラクターの濃さも話の密度も圧倒的
女性セブン
羽生結弦のライバルであるチェンが衝撃論文
《羽生結弦の永遠のライバル》ネイサン・チェンが衝撃の卒業論文 題材は羽生と同じくフィギュアスケートでも視点は正反対
女性セブン
“くわまん”こと桑野信義さん
《大腸がん闘病の桑野信義》「なんでケツの穴を他人に診せなきゃいけないんだ!」戻れぬ3年前の後悔「もっと生きたい」
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
中森明菜
中森明菜、6年半の沈黙を破るファンイベントは「1公演7万8430円」 会場として有力視されるジャズクラブは近藤真彦と因縁
女性セブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
撮影前には清掃員に“弟子入り”。終了後には太鼓判を押されたという(時事通信フォト)
《役所広司主演『PERFECT DAYS』でも注目》渋谷区が開催する「公衆トイレツアー」が人気、“おもてなし文化の象徴”と見立て企画が始まる
女性セブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
店を出て染谷と話し込む山崎
【映画『陰陽師0』打ち上げ】山崎賢人、染谷将太、奈緒らが西麻布の韓国料理店に集結 染谷の妻・菊地凛子も同席
女性セブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン