ライフ

AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)

 1960年代頃まで、風景を切り取る主な手段は白黒写真だった。カラー写真が普及し動画も当たり前となった今、白黒写真は「現在とかけ離れた時代を写した遺物」として扱われる。そこで忘れてはならないのは、白黒写真を撮影した当時も世界は現代同様、色に充ちていたという事実だ。

 東京大学大学院教授の渡邉英徳氏らのチームは、「忘れ去られようとしている貴重な記憶を未来に残したい」との想いで白黒写真のカラー化に取り組んできた。

 カラー化するには、まず「空は青」「雲は白」という一般的なデータを持つAI(人工知能)が、形状から判断して自動で色付けを行なう。だが、それはまだ推定の段階だ。たとえば原爆雲は、戦争体験者や専門家の指摘により本来の色へと着実に近づいていく。

 古い写真も、カラーになると被写体を身近に感じられる効果があるという。1945年の太平洋戦争終結から今夏で77年が経過するが、戦争の記憶が薄れれば、日本が当事者として再び戦争に関わる未来もあり得る。その危うさへの警鐘を、カラー化された戦時下写真から受け止めたい。

 勝ち戦と豊かな未来を信じて暮らす人々の日常があった戦前から、不意の爆撃で生活圏が焦土と化した空襲の様子、民間人と日米兵士の犠牲者29万人にのぼった沖縄戦のカラー化した写真をお届けする。

【プロフィール】
渡邉英徳/東京大学大学院情報学環教授。「ヒロシマ・アーカイブ」をはじめ記憶の継承をテーマに研究を進める。

※週刊ポスト2022年8月19・26日号

1945年6月8日、大阪空襲の翌朝には大勢の通勤者が十三大橋を行き交っていた(カラー化/渡邉英徳)

1945年6月8日、大阪空襲の翌朝には大勢の通勤者が十三大橋を行き交っていた(カラー化/渡邉英徳)

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン