芸能

『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業

バイタリティーあふれる山田くん

65歳にしてバイタリティーあふれる山田くん

 アイドルグループ「ずうとるび」のリーダーや演芸番組『笑点』(日本テレビ)の“座布団運び”として知られる山田たかおさん(65)。都内に2棟のマンションを持つ山田さんは不動産投資でも成功し講演に引っ張りだこだが、先頃、『笑点』で介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)の修了証を取得したと明かした。山田さん、これから介護ヘルパーとしても働くのだろうか。山田さんに詳しい話を聞いた。

 * * *
「『笑点』で旧ヘルパー2級の資格を取りました~、と発表したら、ある介護施設から『週3で働きませんか』と本気の誘いがきちゃいました(笑い)。でも、ヘルパーとして働こうと思って勉強したわけじゃないんですよ」

 介護職員初任者研修は介護の基礎知識や理念を身につけるもので、これから介護の仕事を始めようという人のための“スタート資格”。ヘルパーとして働くのか、と勘違いされても不思議ではない。

「実は、高齢者のグループホームを作ろうと思っているんです。それで、介護の基礎的なことを学ぼうと、マネージャーと3人で、この春に介護職員初任者研修を受けました。簡単なのかなと思って始めたら、とんでもなかった。講義と実技実習で130時間も学ばなきゃなんなくて。

 分厚い電話帳のようなテキストが3冊もあって、週3日、茨城県つくば市の福祉施設に泊まり込み、朝9時から夕方6時まで2か月ほど、びっちり学びました。レポートは毎日提出しなきゃいけないから目が疲れるし、入浴や車いす介助の実習なんかもあって腰は痛いし、途中で脱落する人が何人も出るほど大変でした。でも、がんばったおかげで、最後の試験は100点満点!」

 山田さん、大真面目の本気なのだ。それにしても、なぜ急に介護施設を作ろうと思ったのか?

「昔の友だちに『会おうよ』と連絡すると、『親の介護で田舎に帰って戻れなくなっちゃった』なんて言われることが増えてきたんです。僕自身も10年以上前になりますけど、高齢になった両親ががんや認知症になって、6人きょうだいで実家に順番に泊まり込んで介護した経験があります。あまりに大変なんで両親には老人ホームに入ってもらったんだけど、おふくろは『帰りたい』とハンガーストライキまでやって、結局、出てきちゃった。支払った高額の入居金がパー。そのことを思い出して、『帰りたい、と思わないような、高齢者がここが自分の家だ、極楽だ、と思えるような楽しい施設を作ろう!』と思いました」

 2012年から2~3年間、高齢者に芸能の楽しみを届ける「公益社団法人 虹の会」の理事として、多くの高齢者福祉施設を訪問してきたことで“施設を見る目”も養った。

「大理石の立派なエントランスなんて不要。木や花などの癒やしの方が必要です。そして、適切な介護やおいしい食事はもちろんだけれど、笑いも必要です。この秋には青年芸術家協会の会長に就任する予定なので、会員と一緒にエンタメを提供したり、映画を作ったりして笑いのあふれる施設にしたいですね」

 山田さんを長く応援する、ある介護施設の理事長との出会いも大きかったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン