スポーツ

打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声

輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)

虎党の佐藤への期待は大きいだけに心配の声が(写真・共同通信社)

 阪神の4番・佐藤輝明が打撃不振から抜け出せない。8月は39打数4安打で打率.103、0本塁打、5打点。13試合連続ノーアーチと持ち味の長打力が陰を潜めている。スポーツ紙記者はこう語る。

「大山悠輔が新型コロナウイルスの陽性判定を受け戦線離脱しているため、佐藤にかかる負荷は大きいかもしれませんが、今の状態を見ていると打てる雰囲気がない。ボール球に手を出す場面が目立ち、ミスショットも多い。内角攻めが頭にあるのでしょうか。打席で迷っているようにも感じます。本人のためにも4番から外したり、一度スタメンから外すことも検討したほうが良いと思います」

 佐藤の魅力は規格外のパワーだ。昨年は甲子園を本拠地に新人左打者最多の24本塁打をマーク。横浜スタジアムでは場外アーチを放ち、5月28日の西武戦では1試合3本塁打を記録した。後半戦は59打席連続無安打とスランプを味わい、リーグワーストの173三振を喫したが、彼の豪快な打撃は阪神ファンに希望を抱かせた。

 2年目の今季は主軸を打つ自覚が芽生え、ボール球をきっちり見逃して好球必打を心がける意識が見える。四球をきっちり選ぶようになり、5月上旬から4番に固定されている。7月終了時点で打率.273、16本塁打、55打点。及第点をつけられる数字を残していた。

 ただ、他球団のスコアラーは意外な見方を示す。

「新人の時のほうが甘く入ったらスタンドに運ばれるという恐怖感がありましたね。今年は攻め方も当然厳しくなりますが、『やられた』と思った球が外野フェンスに届かない場面が少なくない。メカニズムの問題なのか分かりませんが、荒々しさが消えて振りが小さくなった印象がある。もちろん確実性を身につけるのは重要ですが、打率が低くても6、7番あたりの打順で本塁打にこだわる打撃をされるほうが怖いですね。ホームランバッターは一度コンパクトなスイングになると、なかなか元の形に戻れなくなる」

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン