芸能

山田美保子さんが分析、夏ドラマ中間報告書 『六本木クラス』は見逃し配信でトップ

『初恋の悪魔』のインスラグラムより

山田さんもリアルタイムで見ているという『初恋の悪魔』(インスラグラムより)

 折り返し地点に入った2022年の夏ドラマについて、コラムニストで放送作家の山田美保子さんが分析します。

 * * *

スタート前から心配の声が上がっていたドラマは好調

 早いもので、7月期のドラマも後半戦に入っていますね。在宅率が下がったり、“お祭り”的な特番のために休止になったりする夏ドラマは、これまで安定した視聴率の獲得が難しいと言われ続けてきました。

 が、TVerをはじめとする無料動画配信サービスでの“追っかけ再生”や個人視聴率がポピュラーになったいま、視聴者の皆さんは自分の琴線に触れる作品を見やすくなったのではないでしょうか。私はテレビ派ですが、今期はこんなに見ている夏も過去になかったのではないかというぐらい見ています。挙げ出したらキリがないので、今回は、民放各局から2本ずつ、計10本のドラマの魅力を書かせていただくことにします。

 まずは日本テレビ。林遣都サン(31才)と仲野太賀サン(29才)がW主演している『初恋の悪魔』はリアルタイムで見ている作品。理由は脚本の坂元裕二さんと演出の水田伸生さんへの期待値の高さと、柄本佑サン(35才)、松岡茉優サン(27才)ら出ていれば見るキャストが多数出演していることです。メインが4人の坂元作品といえば、『カルテット』(TBS系)や『大豆田とわ子と三人の元夫』(関西テレビ・フジテレビ系)。今回も仲野サン、林サン、柄本サン、松岡サンの4人による考察シーンは見逃せません。なかでも松岡サンのドラマでのこうしたミステリアスな役は珍しいので見入ってしまいます。もはやカメレオン女優の域に達したと言ってもいいでしょう。

 そして水田監督と仲野サンといえば『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)を思い出します。この6年間での仲野サンの成長、本当にすごいですよね。

 橋本愛サン(26才)主演の『家庭教師のトラコ』は、鈴木保奈美サン(56才)、板谷由夏サン(47才)、美村里江サン(38才)ら“お受験ママ”がそれぞれに魅力的。そして脚本の遊川和彦さんからのメッセージはすべて受け取るつもりで、橋本サンのせりふには聞き耳を立てながら見ています。

 TBSではスタート前、いろいろと心配の声が上がっていた綾野剛サン(40才)主演の『オールドルーキー』をリアルタイムで見ています。綾野サンのドラマは『コウノドリ』(同)や『MIU404』(同)など好きな作品が多いのですが、やっぱりすごく演技がうまいし、魅力的な俳優さんですよね。始まってからも、ネットを中心に意地悪な記事をたくさん見ますけれど、まったくと言っていいほど揺らいでいない。元人気アナウンサーの妻・榮倉奈々サン(34才)も素晴らしい。プライベートでの夫・賀来賢人サン(33才)もドラマでの夫・綾野サンも支える榮倉サンは最強の妻であり、母です。

関連キーワード

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン