スポーツ

FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就

豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)

豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)

 今オフのFA戦線で最も去就が注目されているのは西武・森友哉だ。首位打者を獲得するなど「強打の捕手」として知られ、守備面でも成長を見せている。今季は投手の持ち味を引き出すリードで西武の首位快走に不可欠な存在になっている。

 そんな森と同様に去就が注目される大物選手がいる。2018年オフに西武から楽天にFA移籍し、8月18日に海外FA権を取得した浅村栄斗だ。

「このままいけば今季中に2度目の国内FA権も獲得し、楽天との4年契約も満了を迎えます。推定年俸5億円と高額ですが、球界屈指の右の強打者で31歳とまだまだ衰えは見られない。浅村自身は楽天に愛着があるようですが、今年V逸で石井一久監督が退任する事態になれば状況が変わる可能性もある。浅村が西武からFA宣言した際、GMとしてラブコールを送られた石井監督の力になりたいと移籍を決断した経緯がありますから」

 西武の主力打者として活躍し、2018年に打率.310、32本塁打、球団新記録の127打点をマークしてリーグ制覇に貢献。同年オフにFA権を行使した際、西武から慰留を受けたほかソフトバンク、オリックスも獲得に乗り出した。西武残留かソフトバンク移籍の予想が多かったなか、浅村が移籍を決断した球団は同年に最下位に終わった楽天だった。

 楽天では2019年から3年連続全試合出場し、2020年には32本塁打で日本ハムの中田翔(現巨人)との熾烈な争いを制して本塁打王を獲得。今季は打率.255、20本塁打、65打点で、得点圏打率.323(8月19日終了時点)と勝負強さは健在だ。

 地元・仙台のテレビ局関係者はこう語る。

「移籍後にリーグ優勝は果たせていませんが、よく頑張ってくれていると思いますよ。口数が少ないですが背中でチームを引っ張るタイプですね。後輩からも『ヒデさん』と慕われている。西武時代の輝きに比べて物足りなさを感じる楽天ファンもいますが、左打者が多い楽天のなかで浅村は貴重な右のポイントゲッターです。今季も優勝を逃した場合は減俸になる可能性が高いですが、楽天は誠意を尽くして交渉してほしい。浅村抜きでリーグ優勝は達成できません。現役引退まで楽天でプレーしてほしいです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト