芸能

みゆき主題歌『想い出がいっぱい』H2O・赤塩正樹さんの今 離婚と再婚、社員1人の会社で英語と音楽を教える日々

知的な雰囲気が漂う赤塩さん(撮影/黒石あみ)

知的な雰囲気が漂う赤塩さん(撮影/黒石あみ)

 あの有名なサビのフレーズが、胸にキュンとくる青春ソング『想い出がいっぱい』。1983年、男性デュオ・H2Oが人気アニメ『みゆき』(フジテレビ)のエンディングテーマ曲として歌い、大ヒットした。その後、卒業ソングに採用されたり音楽の教科書に掲載されたりして幅広い世代に愛唱され続けてきたが、歌ったH2Oの2人は今、どうしているのか。2人のうちの1人、赤塩正樹さん(65)に聞いた。

 * * *
「僕は今、出身地の長野を中心に、東京と行ったり来たりしながら『AKA(エイケイエイ)プラネット』という会社を経営しています。音楽制作や英語と音楽を教えたりしています。会社の所在地は世田谷区、社員は僕1人。アルバイトを雇ったりもしますが、英語も音楽も基本は僕が直接、教えています。英語は企業に勤務する会社員にビジネス英語を、音楽はプロの卵やプロを目指している学生にボーカルやギターをレッスンしています。英語の生徒は18人ほど、音楽は40人ほどいます。通訳や翻訳も手がけています」

 音楽はともかく、英語というのはどういうこと?

「僕が音楽を始めたのは、小学校5年生のときに、親戚のお兄ちゃんにビートルズを聴かせてもらったのがきっかけ。そのときに、洋楽のメロディーとともに英語の音の響きに魅了され憧れました。だから、明治大学経営学部に進み、中学の同級生だった(中沢)堅司とH2Oを結成したときも、ほとんど英語で歌詞を書いていたんですよ。

 でも、アミューズとプロ契約をしてから『日本語で感動させないとダメだよ』とレコード会社に求められ日本語で書いていましたが、『いつかは世界へ出て勝負したい』という思いで英語の雑誌を読むなど勉強を続け、H2O解散後は渡米してニューヨーク大学大学院で教育と音楽を学んだのです。学びながら、現地で日本人に英語を教えてもいました」

 しかし、いきなりニューヨーク大学大学院に留学するなんて、赤塩さん、インテリなんだなぁ! TOEIC990点で、英検1級、国連英検特A級、通訳案内士などの資格を持っているのだそうだ。

「当時は大学院入学に、そこまで高い英語力は求められなかったんです。それに、解散後にニューヨークに行ったのは、いきなり留学するつもりではなくて、事務所が『お疲れ様』と飛行機のチケットをくれたからで、3週間くらい旅行するつもりでした。

 僕としてはまだH2Oの活動を続けたかったのにできなくなって、失意に打ちひしがれ、せめて英語をマスターして帰ってやるぞ、と思って……。ところが、3週間でマスターなんてとても無理。もっと勉強したくなり、また刺激的な街の空気にも惹かれ、滞在を延期し大学院で学ぶことにした、というわけなんです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト