芸能

半年でメインゲストに登り詰めたJP、業界内で愛される意外な理由

ブレイク筆頭の芸人、JP

ブレイク筆頭の芸人、JP(インスタグラムより)

 今年ブレイクした芸人の筆頭といえば、JP(39才)だろう。松本人志の代役出演で一躍、脚光を集めた彼が今、人気番組のメインゲストでの出演が急増している。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが業界内で際される理由に迫った。

 * * *
 4日夜の『行列のできる相談所』(日本テレビ系)にモノマネ芸人のJPさんが出演します。

 驚かされるのは、再現VTRなどではなくスタジオゲストであり、ラテ欄に「JPが14年間口をきかなかった弟と…」、ホームページに「JPが14年間も会話していない弟にサプライズ!」と書かれるなど、見どころのトップ扱いであること。この日は岡田准一さんや坂口健太郎さんらもゲスト出演するだけに、JPさんの扱いが急激に上がっている様子がうかがえます。

 業界内では「2022年断トツのブレイク芸人」と言われるJPさんのきっかけは、1月30日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)。コロナ感染者の濃厚接触者となった松本人志さんの代わりに出演し、東野幸治さんにふんした原口あきまささんとオープニングコントを披露しました。さらにJPさんは4日後の2月3日にも、『ラヴィット!』(TBS系)で川島明さんの代理出演。モノマネのクオリティとフットワークのよさが称賛を集めました。

 それから半年あまり、当初はモノマネを披露するだけのスポット出演が多かったものの、現在ではさまざまな番組に出演。ネタ番組の『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系)、『千原ジュニアの座王』(関西テレビ)。トーク番組の『しゃべくり007』(日本テレビ系)、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)、『ボクらの時代』(フジテレビ系)、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)、『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系)。

 生放送情報番組の『ポップUP!』(フジテレビ系)、経済番組の『モノ・マネー』(NHK Eテレ)、クイズ番組の『今夜はナゾトレ』(フジテレビ系)、『99人の壁』(フジテレビ系)、子ども向けの番組の『おはスタ』(テレビ東京系)、動物番組の『サンドウィッチマンのどうぶつ園飼育員さんプレゼン合戦ZOO-1グランプリSP』(CBC・TBS系)、占い番組の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)。

 その他にも、現在放送中の『ZIP!』(日本テレビ系)内ドラマ「泳げ!ニシキゴイ」に出演したり、最近でも8月31日に『鳥人間コンテスト2022』(読売テレビ・日本テレビ系)にゲスト出演したりなど、モノマネ芸人の枠を超えたジャンルレスな活躍を見せています。

 どんなに似ているとしても松本人志さんのモノマネだけではここまで短期間で出演の幅を広げることは難しいだけに、なぜ今、JPさんはここまで求められているのか。業界内のさまざまな人に話を聞いて、その秘密を探ってみました。

「マジメな苦労人」の長身イケメン

 JPさんについて業界内で制作現場や記者などに話を聞いたとき、最も返ってきた言葉は、「マジメ」「苦労人」でした。

 現在39歳のJPさんは、小学生のころからずっといじめられていて友だちがいなかったこと、いじめを逃れるためにモノマネを練習して徐々にレパートリーを増やしたこと、お笑いコンビを結成しながら1年で解散したこと、上京するために就職して働いていたこと、オーディションに10年落ち続けて極度の貧乏暮らしをしていたことなどを明かしています。

前述した出演番組の中で「トーク番組が最も多い」という事実からも、テレビマンたちが遅咲きの苦労人であることに注目し、その人柄に興味を持っている様子がわかるでしょう。「モノマネ芸人はトークが苦手」と言われ、モノマネを披露する1~2分程度の出演時間に留まる人が多いだけに、JPさんは別格の扱いを受けているのです。

 ただJPさんのトークは、まだまだ発展途上の段階。MCから噛んでしまうことを指摘されるシーンもありますし、モノマネを連発して逃げ切るようなときも少なくありません。しかし、そんなJPさんを「ちょっと挙動不審なのがいい」「ウブだからイジリやすい」などと面白がるような声もあります。たとえばJPさんは8月24日の『ホンマでっか!?TV』で極度のあがり症であることを明かしていましたが、それをMCの明石家さんまさんが楽しそうにイジっていました。

関連記事

トピックス

子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン