素顔はイケメン!(HPより)

素顔はイケメン!(HPより)

「マジメ」「苦労人」の次に多かったのが、「イメージよりずっとカッコイイ」「イケメンで驚いた」という声。ふだんはモノマネ用のカツラなどをかぶり、顔の動きで笑いを誘っていますが、身長183㎝のスラリとしたスタイルであることも含め、「実はイケメン」と見られているのです。

 ちなみにJPさんの所属事務所は2018年12月から研音ですが、同事務所は所属のほとんどが美男美女の俳優。芸人はJPさんだけですが、そのルックスをよく見れば納得できるところがあるのです。今年はここまで6月9日放送の『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系)第9話にゲスト出演しただけですが、このまま人気が続けば持ち前のルックスを生かして俳優のオファーも増えていくのではないでしょうか。

業界内で噂される一途な恋心

 そしてもう1つ、JPさんの業界内好感度をあげているのが一途な恋心。JPさんは5月2日放送の『しゃべくり007』で日本テレビの郡司恭子アナに憧れていることを明かし、共演も果たしました。その後、7月10日放送の『ボクらの時代』で「好きな人がいるからファン女性の告白を断った」「迷惑はかけたくない」などと話したほか、8月2日の『ポップUP!』でも郡司アナを思わせる発言をしています。

 におわせているのではなく、番組サイドから振られた話題に答えられる範囲で話す姿がJPさんの一途な人柄を象徴していました。その『ポップUP!』のMC・山崎夕貴アナの夫が芸人・おばたのお兄さんであるなど、芸人と女性アナウンサーはしばしば見られる組み合わせだけに、「もし本気なら応援したい」という声があがっているようです。

 今回、JPさんについて話を聞いていると、「出られるのは今年だけかもしれない」などと厳しい見方をする人もいました。また、「それだけ松本人志が凄いというだけのこと」とバッサリ斬る人もいました。

しかし、JPさんは松本さんだけでなく、明石家さんまさん、爆笑問題・太田光さん、バナナマン・設楽統さん、麒麟・川島明さん、サンドウィッチマン・富澤たけしさんなどMCを務める芸人のモノマネも得意なだけに、今後も番組出演のチャンスは得られるでしょう。また、コンビを組む機会の多い原口あきまささんが芸人たちから信頼され、バラエティに強いこともJPさんにとっては心強いところです。

前述した通り、所属事務所に先輩芸人も後輩芸人もいないため、どれだけ他事務所の所属芸人とコミュニケーションを取って距離を縮められるのか。JPさんがさまざまな番組に出演し続けていく上でのポイントになりそうです。

最後に話を4日放送の『行列のできる法律相談所』に戻すと、JPさんは「14年間口をきかなかった弟と感動の和解」「地元へ恩返しものまねショー」が予告されています。岡田准一さんも涙を流したというだけに、JPさんのさらなる好感度アップと今後の活躍につながるのではないでしょうか。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

小池徹平とも共演(インスタグラムより)

小池徹平とも共演(インスタグラムより)

BPOの見解がテレビの表現方法に大きく影響を与えている(時事通信フォト)

松本もJPのネタを認めている(時事通信フォト)

松本

松本の代役として出たのがきっかけだった

関連記事

トピックス

古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
愛子さまの選択はご公務にも影響を与える可能性
【宮内庁の公式インスタグラム】「フォローする・しない」が外交上のトラブルを生む可能性 “誹謗中傷”\\\\\\\\\\\\\\\"いいね至上主義”のリスクも
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
95歳で亡くなった宗田先生
《宗田理さんラストインタビュー》『ぼくらの七日間戦争』は「子ども向けに書いたものではなかった」根底にあった戦争体験と国家への不信感
NEWSポストセブン
(写真/PIXTA)
【紅麹問題で注目される“サプリメントの闇”】すべての製品の有効性・安全性が担保されていない実情、「機能性表示」という仕組みにも問題アリ
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン