芸能

ゆたぼんの過激バイク試乗、専門家が「言語道断」と指摘する危険シーンの全容 共演者はアカウント削除

バイクが動き出した瞬間。危ない!(公式チャンネルより)

バイクが動き出した瞬間。危ない!(公式チャンネルより)

 少年革命家を自称するYouTuber・ゆたぼん(13)がバイクに乗る動画に対して、「危険すぎる」と批判が殺到している。ゆたぼんは今年6月より専用車「スタディ号」で47都道府県をめぐる日本一周プロジェクトを実施中だ。

 9月14日に公開した動画『遊びが一番のスタディや!』で、ゆたぼんは旅の資金を募るクラウドファンディングに支援した男性と対面。この男性はバイク好きらしく、彼に付き添われて、ゆたぼんがバイクに乗る場面もあった。男性に支えてもらいながら、ゆたぼんはゆっくりバイクを走らせた。転倒しかけた勢いで思わずアクセルを開け、片手がハンドルから離れてしまった瞬間には、周囲の笑い声とともに「片手ターン」というテロップなどでおもしろおかしく演出が施されていた。

 撮影では「トライアル」というオートバイ競技に使用される軽量なマシンが使用され、映像が流れているあいだは〈トライアルバイクは敷地内などでは免許無しで乗れますが、必ず免許を持っているプロの方の指導の元に乗りましょう〉という注釈テロップも表示されていた。

 しかしバイクに乗るゆたぼんが半袖短パン、素足にサンダルという軽装だったことや、転倒したことから、ネット上で「危険すぎる」と批判が殺到。そのせいか、動画に登場した男性はTwitterアカウントを削除してしまった。注釈にあった「プロの方」というのはこの男性のことを指していたのだろうか。

 モーターサイクルジャーナリストの小林ゆき氏が、今回の動画の危険性を解説する。

「オートバイに乗るときは適切な装備(ヘルメットやグローブ、ブーツ、プロテクター、長袖・長ズボンなどの服装)を着用することが、転倒時の身体への安全対策として不可欠です。今回の動画では『トライアル』と呼ばれる競技用のオートバイに、半袖、半ズボン、グローブなし、サンダルという軽装でエンジンをかけてオートバイの運転経験がない子どもを乗車させていますが、安全対策の観点ではまったく不十分です。監督する大人はそのような装備で乗車させることを止めないといけません」(小林氏)

 一歩間違えれば重大事故につながる危険性もあった。

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン