芸能

大阪大学大学院を修了したセクシー女優・藤かんなが赤裸々告白 勤務先企業に「動画出演」がバレて上司に呼び出されるまで

“リケジョリーナ”のニックネームを持つ藤かんな

“リケジョリーナ”のニックネームを持つ藤かんな

 4歳からバレエに打ち込む一方で学業にも励み、大阪大学大学院の理学研究科を修了し、“リケジョリーナ”のニックネームを持つ藤かんな(32)。今年2月にヌードグラビアに挑戦した後、7月にはセクシー女優としてもデビューした。セクシー女優には専業だけでなく、副業として出演している女性も少なくない。藤も、一般企業で働きながら撮影に臨んでいた。そんな彼女が8月10日、Twitterで「会社バレ」したかもしれないとツイートして話題になった。

〈実は私ね、普段は一般企業で働いてるんだ。「藤かんな」のことはもちろん内緒で… 今朝、上司に「ちょっと話があるから、16時空けといて」って言われた。ついに…バレたかな。。。〉

 この投稿にファンからは心配するコメントが多く寄せられた。職場の上司との面談から、今後の身の振り方に至るまで、藤本人に一部始終を聞いた。【全3回の第1回】

会社にバレたかも?とツイートする藤かんな

会社にバレたかも?とツイートする藤かんな

──8月10日に声をかけてきた上司はどんな面持ちだったのでしょうか?

「私が勤めていたのは社員数百人規模の一部上場企業でした。本社は関西にあって、国内にも支社があります。声をかけてきた上司は統括部長で、ふだんは挨拶以外ではほとんど話さない方です。神妙な面持ちではなかったですが、仕事の話なら直属の上司が言うはずだし、それ以外で“話がある”と言うからには、ただごとではないと思いました」

──声をかけられたのは、いつ、どんなタイミングだったんですか?

「朝、出社してすぐのタイミングで人目につかないように声をかけてきました。だからこそ緊張しましたね。でも当日の午後に、上司に急な会議が入ったため、急きょお盆休み明けの8月16日にリスケになったんです。私としては、リスケしても良い程度の話なんだとホッとした反面、どんな話かわからないまま休むなんて気が気じゃなかったですね」

──Twitterで〈てことは、16日までおあずけよ!? つまり大した話じゃないのかな… きっとそうやんね…〉と投稿されていましたね。休みの間はかなりそわそわしていたのではないでしょうか。

「はい。うちの会社は副業禁止なので、もしバレたとしたら退職は逃れられないと思っていました。だから インターネットで“AV バレたらどうする”とか“AV 副業”とかで検索しました。調べれば調べるほど不安になってきて、ズーンと落ち込んだりして……。休み中なのでお墓参りに行ったり本を読んだりして、なるべく心を落ち着かせて過ごしていました」

──お盆休み明けに、上司との面談で副業を指摘されたら、なんと答えようと考えていたのですか?

「実名は違うし、ふだんはマスクをしているので私の素顔を知っている人はあまりいないし、一回くらいは知らんぷりしてもイケるんじゃないかって思いました。だから、もし副業の話だったらシラを切ろうと。そこからはわりとドーンと構えていたように思います」

──会社員の立場は、どうしても守りたいと思っていたんですね。

「はい。やはり会社員は安定していますし、親も会社で働いていると思っているし、できれば守りたかった。副業禁止な以上、ルール違反だし自分勝手だとは思いましたが、私はいつかバレエ教室を開きたいと思っていて、そのために会社員をしながら社会的な信用を保ちつつ、貯金していたんです。それもあって、会社員でいることは守りたかったです」

──そしてお盆休みが明けて、ついに上司との面談に。

「はい。休み明けの日は朝10時から面談を行うことになりました。部署内の一番奥の応接室に呼ばれて、『急に呼び出してごめんな』と。いざ席に座ると『単刀直入に聞くけど、副業してますか?』って言われました。もう心の中でシラを切るって決めていたので、全然ドキッともせず『してません』って答えました。その後、『藤かんなさんって知ってますか?』と聞かれたのですが、顔色ひとつ変えずに『知りません』と答えられました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト