芸能

「“副業”を辞める気はないの?」 職場に「動画出演」がバレたセクシー女優・藤かんなが告白した人事面談「緊迫の一部始終」

取材に答える藤かんな

取材に、緊迫の一部始終を話してくれた藤かんな

 4歳からバレエに打ち込む一方で学業にも励み、大阪大学大学院の理学研究科を修了した“リケジョリーナ”こと藤かんな(32)。一般企業に勤めながらセクシー女優としてデビューした彼女は今年8月18日、会社の人事部から「服務規律について話がある」と呼び出しを受ける。そこで、何を話したのか。【全3回中の第2回。第1回から読む

──お盆明けの8月16日に上司と面談した後、2日後の8月18日に人事と面談することになったのですね。

「はい。その日に私のデスクに人事課の女性から内線がかかって、初めてドキーッとしました。服務規律、と言ってくるからには、向こうとしては私が副業していると認めた上での話なわけで、これはもう逃げられないと思いました」

──上司との最初の面談ではシラを切ったそうですが、もう一回知らんふりしようとは思わなかった?

「もちろん思いましたが、私を育ててくれてお世話になった会社に対し、嘘を突き通すのも気が引けたし、これ以上、迷惑はかけられないという気持ちもありました。それに、色々とネットで調べる中で“嘘を突き通そうとして拗らせると退職金がもらえなくなる”って書いてあったことも思い出して…潮時だなと。そもそもこの活動をする時に、会社にバレることは覚悟の上だったんだから、正直に話そうと思いました」

──面談に現れたのは、内線で連絡してきた人事課の女性一人だけだったんですか?

「はい。女性一人で肩書きのある年上の方でした。開口一番で『副業してませんか』と聞かれて『してます。すみません』と言いました。すると、たたみかけるように『藤かんなさんですか』と聞かれて、『そうです』と…。人事の方はサッと表情が変わり、『どうして…』と呟きました」

──「そうです」と認めたときは、どんなお気持ちでしたか?

「今まで誰にも言っていなかったことを初めて打ち明けたので、感極まって泣いちゃったんです。すると人事の方は、無理やりやらされての涙だと勘違いしたのかな? 『何があってそうなってしまったの?』とも言われました。でも『私が自分で決めて自分で始めたことです』とはっきりと伝えました」

──ご自身の決意を伝えたのですね。「自分で決めて自分で始めたこと」とおっしゃいましたが、そもそも、その決意を固めたのはどういう経緯だったのですか?

「自分で言うのも恥ずかしいのですが、私はずっといわゆる“優等生”で、器用貧乏だと言われてきたんです。4歳から続けていたバレエでも一番の賞はとれないし、学校の成績も上位にはいてもトップじゃない。大学の研究職でも、仕事でも一緒でした。

 一方で、幼い頃からバレエの舞台に出ていることもあって、注目されたい気持ちはありました。承認欲求の満たされなさを感じていて。そんな時に、女友達からも『いい体してるよね』って言われて、これって武器にならないのかな、って。それで『まずはグラビアだ』と思って、自ら事務所を探したんです」

──事務所に所属してグラビアデビューされたのが今年2月ですが、そこからセクシー女優になろうと思ったのは?

「グラビアの反響がすごく大きくて、『私の体がすごく良い』って言ってくださる方が多くいることを知りました。それで自信が持てたので、セクシー女優という仕事にもかなり惹かれていきました。これまでバレエ、大学、就職と“優等生”のレールを歩いて来たけど、どこかでその自分を脱せないのが嫌だな、大きなことをやってやりたいなって思いがあった。一回きりの人生だし、振り切るきっかけになるかなって、思い切ってチャレンジしました」

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン