芸能

「“副業”を辞める気はないの?」 職場に「動画出演」がバレたセクシー女優・藤かんなが告白した人事面談「緊迫の一部始終」

取材に答える藤かんな

取材に、緊迫の一部始終を話してくれた藤かんな

 4歳からバレエに打ち込む一方で学業にも励み、大阪大学大学院の理学研究科を修了した“リケジョリーナ”こと藤かんな(32)。一般企業に勤めながらセクシー女優としてデビューした彼女は今年8月18日、会社の人事部から「服務規律について話がある」と呼び出しを受ける。そこで、何を話したのか。【全3回中の第2回。第1回から読む

──お盆明けの8月16日に上司と面談した後、2日後の8月18日に人事と面談することになったのですね。

「はい。その日に私のデスクに人事課の女性から内線がかかって、初めてドキーッとしました。服務規律、と言ってくるからには、向こうとしては私が副業していると認めた上での話なわけで、これはもう逃げられないと思いました」

──上司との最初の面談ではシラを切ったそうですが、もう一回知らんふりしようとは思わなかった?

「もちろん思いましたが、私を育ててくれてお世話になった会社に対し、嘘を突き通すのも気が引けたし、これ以上、迷惑はかけられないという気持ちもありました。それに、色々とネットで調べる中で“嘘を突き通そうとして拗らせると退職金がもらえなくなる”って書いてあったことも思い出して…潮時だなと。そもそもこの活動をする時に、会社にバレることは覚悟の上だったんだから、正直に話そうと思いました」

──面談に現れたのは、内線で連絡してきた人事課の女性一人だけだったんですか?

「はい。女性一人で肩書きのある年上の方でした。開口一番で『副業してませんか』と聞かれて『してます。すみません』と言いました。すると、たたみかけるように『藤かんなさんですか』と聞かれて、『そうです』と…。人事の方はサッと表情が変わり、『どうして…』と呟きました」

──「そうです」と認めたときは、どんなお気持ちでしたか?

「今まで誰にも言っていなかったことを初めて打ち明けたので、感極まって泣いちゃったんです。すると人事の方は、無理やりやらされての涙だと勘違いしたのかな? 『何があってそうなってしまったの?』とも言われました。でも『私が自分で決めて自分で始めたことです』とはっきりと伝えました」

──ご自身の決意を伝えたのですね。「自分で決めて自分で始めたこと」とおっしゃいましたが、そもそも、その決意を固めたのはどういう経緯だったのですか?

「自分で言うのも恥ずかしいのですが、私はずっといわゆる“優等生”で、器用貧乏だと言われてきたんです。4歳から続けていたバレエでも一番の賞はとれないし、学校の成績も上位にはいてもトップじゃない。大学の研究職でも、仕事でも一緒でした。

 一方で、幼い頃からバレエの舞台に出ていることもあって、注目されたい気持ちはありました。承認欲求の満たされなさを感じていて。そんな時に、女友達からも『いい体してるよね』って言われて、これって武器にならないのかな、って。それで『まずはグラビアだ』と思って、自ら事務所を探したんです」

──事務所に所属してグラビアデビューされたのが今年2月ですが、そこからセクシー女優になろうと思ったのは?

「グラビアの反響がすごく大きくて、『私の体がすごく良い』って言ってくださる方が多くいることを知りました。それで自信が持てたので、セクシー女優という仕事にもかなり惹かれていきました。これまでバレエ、大学、就職と“優等生”のレールを歩いて来たけど、どこかでその自分を脱せないのが嫌だな、大きなことをやってやりたいなって思いがあった。一回きりの人生だし、振り切るきっかけになるかなって、思い切ってチャレンジしました」

関連記事

トピックス

快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン