国際情報

総連と民団の熾烈工作の歴史 銃撃事件の後、朴正煕大統領は日本の捜査に激怒した

朴正煕夫人を殺害した文世光(写真/AFLO)

朴正煕大統領夫人を殺害した文世光(写真/AFLO)

 対北強硬派とされる尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領の就任から4か月余り。朝鮮半島で南北対立が激しさを増すなか、日本でも本国さながらの南北代理戦争が連綿と続いてきたことは知られていない。その舞台となったのが在日本朝鮮人総聯合会(総連)と在日本大韓民国民団(民団)だ。『決別 総連と民団の相克77年』を上梓したジャーナリスト・竹中明洋氏が両組織の水面下の工作活動をリポートする。(文中敬称略)【前後編の後編。前編から読む

 * * *
「何が起きたのかさっぱりわからなかった」

 ソウルの国立劇場で起きた朴正煕夫人銃殺事件をそう振り返るのは、民団大阪府本部で民生部長だった洪正一(ホン・ジョンイル)だ。関西各府県の民団関係者が参加した祖国訪問団の引率として1974年8月に韓国を訪れていた。金大中拉致事件から1年。日韓関係を揺るがす事件が再び起きたのである。その発火点もまた、日本にあった。

 洪正一らが大阪からソウルに到着したのは8月14日。翌日には国立劇場で独立を祝う光復節の記念式典が開かれることになっていた。

「劇場への入場券は関西の民団への割り当てとして150枚ありました。前日の晩にホテルで一人一人を回って身元を確認しながら配ったのを憶えています」

 洪正一はそう話す。会場に入ると、劇場のゲートの方から「日本語がわかる人いませんか?」と声がかかったという。

 訪問団の団長でもあった民団大阪の沈在寅副団長が名乗りをあげると、会場の警備にあたる警察官が「通訳してほしい」と頼んできた。

 警察官の前には一人の若い男が立っていた。

「自分は日本の伊藤忠の商社マンです。10時にここで日本の大使と会う約束になっているので会場に入らせてほしい」

 男が日本語でそう言うのを通訳して伝えると、警察官は「入れ」と許可した。若い男は1階の空席に座った。

 ステージ上で大統領の演説が始まる。すると男は腰に隠していたピストルを抜き演壇に向かって走り出した。男は発砲したが、朴正煕(パク・チョンヒ)はとっさに演壇の陰に身を潜める。続けて撃った銃弾がステージ上にいた大統領夫人・陸英修(ユク・ヨンス)の頭部に命中。夫人は救急搬送されたが助からなかった。

 洪正一は式典後に警察から呼び出しを受けた。出向くと、担当はいきなり「文世光(ムン・セグァン)を知っているか」と聞いてきた。知らない人物だ。その時に初めて犯人が大阪生まれの22歳の在日韓国人・文世光で、訪問団一行と同じホテルに泊まっていたことを知った。

 警察は訪問団との関わりを疑っていた。

「これはまずい。万一、前日の晩に自分が配った入場券を使って文世光が会場入りしていたらどうしよう。そう考えると気が気でなかった」

 洪正一はそう振り返る。

関連キーワード

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン