国際情報

総連と民団の熾烈工作の歴史 銃撃事件の後、朴正煕大統領は日本の捜査に激怒した

朴正煕夫人を殺害した文世光(写真/AFLO)

朴正煕大統領夫人を殺害した文世光(写真/AFLO)

 対北強硬派とされる尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領の就任から4か月余り。朝鮮半島で南北対立が激しさを増すなか、日本でも本国さながらの南北代理戦争が連綿と続いてきたことは知られていない。その舞台となったのが在日本朝鮮人総聯合会(総連)と在日本大韓民国民団(民団)だ。『決別 総連と民団の相克77年』を上梓したジャーナリスト・竹中明洋氏が両組織の水面下の工作活動をリポートする。(文中敬称略)【前後編の後編。前編から読む

 * * *
「何が起きたのかさっぱりわからなかった」

 ソウルの国立劇場で起きた朴正煕夫人銃殺事件をそう振り返るのは、民団大阪府本部で民生部長だった洪正一(ホン・ジョンイル)だ。関西各府県の民団関係者が参加した祖国訪問団の引率として1974年8月に韓国を訪れていた。金大中拉致事件から1年。日韓関係を揺るがす事件が再び起きたのである。その発火点もまた、日本にあった。

 洪正一らが大阪からソウルに到着したのは8月14日。翌日には国立劇場で独立を祝う光復節の記念式典が開かれることになっていた。

「劇場への入場券は関西の民団への割り当てとして150枚ありました。前日の晩にホテルで一人一人を回って身元を確認しながら配ったのを憶えています」

 洪正一はそう話す。会場に入ると、劇場のゲートの方から「日本語がわかる人いませんか?」と声がかかったという。

 訪問団の団長でもあった民団大阪の沈在寅副団長が名乗りをあげると、会場の警備にあたる警察官が「通訳してほしい」と頼んできた。

 警察官の前には一人の若い男が立っていた。

「自分は日本の伊藤忠の商社マンです。10時にここで日本の大使と会う約束になっているので会場に入らせてほしい」

 男が日本語でそう言うのを通訳して伝えると、警察官は「入れ」と許可した。若い男は1階の空席に座った。

 ステージ上で大統領の演説が始まる。すると男は腰に隠していたピストルを抜き演壇に向かって走り出した。男は発砲したが、朴正煕(パク・チョンヒ)はとっさに演壇の陰に身を潜める。続けて撃った銃弾がステージ上にいた大統領夫人・陸英修(ユク・ヨンス)の頭部に命中。夫人は救急搬送されたが助からなかった。

 洪正一は式典後に警察から呼び出しを受けた。出向くと、担当はいきなり「文世光(ムン・セグァン)を知っているか」と聞いてきた。知らない人物だ。その時に初めて犯人が大阪生まれの22歳の在日韓国人・文世光で、訪問団一行と同じホテルに泊まっていたことを知った。

 警察は訪問団との関わりを疑っていた。

「これはまずい。万一、前日の晩に自分が配った入場券を使って文世光が会場入りしていたらどうしよう。そう考えると気が気でなかった」

 洪正一はそう振り返る。

関連キーワード

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン