ビジネス

34才女性社長「既婚男性との交際・妊娠」で電撃辞任、前代未聞のIR アウトドアブランド上場企業スノーピーク

辞任した山井梨沙元社長

辞任した山井梨沙氏

 東証プライム上場で、1958年創業の老舗アウトドアブランド企業「スノーピーク」が9月21日、「代表取締役社長執行役員山井梨沙の辞任と代表取締役社長執行役員の交代について」と題するIR資料を発表した。それによると、山井梨沙氏(34)は既婚男性との交際・妊娠を理由に辞任を申し出たという。

 上場企業が、女性社長自らの不倫を理由として明記したIR資料を出すのは前代未聞だ。「異動の理由」にはこう記されている。

〈当社代表取締役社長執行役員である山井梨沙から、既婚男性との交際及び妊娠を理由として、当社及びグループ会社の取締役の職務を辞任したいとの申し出がありました。本日、当社はその辞表を受理し、臨時取締役会にて、現在代表取締役会長執行役員である山井太が本日付にて代表取締役社長執行役員を兼務することを決議いたしました〉

 会長であり社長を兼任することになった山井太氏は、梨沙氏の父親にあたる。

 32才の時に父から同社を受け継いだ山井梨沙氏は、キャンプブームに乗って事業を拡大させ、会社の名を広めた立役者として知られる。梨沙氏は積極的にメディアに登場。2020年12月、『7RULES(セブンルール)』(フジテレビ系)に登場した際は、自らの7つのルールとして「初めての仕事相手とは焚き火を囲む」「毎朝 出勤途中に神社を通る」「服を作るときは『生地』から決める」「寝る前に『静かなるドン』を読む」「職人に会うときはひとりで」「新潟・東京で二拠点生活する」「父に助けを求めない」を挙げていた。

 Instagramでも自らのライフスタイルを公開し、2019年には「お見合い写真」というハッシュタグをつけて、着物姿の美しい写真をアップしていた。

 経営面でも注目されており、会社は16期にわたり増収を続けていた。今年6月に発売された著書『経営は、焚き火のように Snow Peak飛躍の源泉』では、〈スノーピークという会社は社員全員がキャンパーであるということが最大の特徴です。社員数が600人を超えた現在でも、採用基準ではキャンプが好きかどうかを重視しています〉など、その経営の要諦を明かしていた。

 会社の舵取りは父親に戻すことになり、皮肉にも「7つめのルール」は守れなかったようだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

後任の官房長官として名前が上がっている小泉進次郎氏(時事通信フォト)
【裏金問題】「これで政治家は廃業か…」安倍チルドレン議員たちが戦々恐々 小泉進次郎・官房長官ならますます政治不信も
NEWSポストセブン
印象が変化した大谷翔平(写真/AFLO)
《10年総額1014億円でドジャース入り》大谷翔平、急激にぽっちゃり? これまでのオフでも太りがち、愛犬と帰国して恒例のジム通いか
女性セブン
平野紫耀、神宮寺勇太、岸優太 ハワイでお揃いジュエリー購入の“願掛け”、ハワイ事務所設立の動きも
平野紫耀、神宮寺勇太、岸優太 ハワイでお揃いジュエリー購入の“願掛け”、ハワイ事務所設立の動きも
女性セブン
小室圭さん眞子さんの元へ、佳代さん(右)が…
小室圭さん・眞子さん夫妻が豪邸にまもなく引っ越し 母・佳代さんは3年越し渡米へ向けて準備か
女性セブン
松本潤「大河」後に待ち受ける嵐の最終決戦「冬の陣」 結成25周年を前に水面下で繰り広げられる攻防戦
松本潤「大河」後に待ち受ける嵐の最終決戦「冬の陣」 結成25周年を前に水面下で繰り広げられる攻防戦
女性セブン
ボロボロ、フラフラと指摘された松野官房長官(時事通信フォト)
【裏金スキャンダルで一斉更迭へ】松野官房長官は「もうフラフラ」 岸田首相が自派閥ではなく安倍派から“女房役”を選んだ背景
NEWSポストセブン
『踊る大捜査線』続編、2月にクランクインか 難色示していた織田裕二は出演快諾、不仲説があった柳葉敏郎も共演へ
『踊る大捜査線』続編、2月にクランクインか 難色示していた織田裕二は出演快諾、不仲説があった柳葉敏郎も共演へ
女性セブン
息子は二宮和也(40才)の第2子と同級生の相葉雅紀
相葉雅紀「高級レストランで1才息子が号泣」の大ピンチ 周囲に頭を下げながら外に出て子をあやすファインプレー
女性セブン
財産分与が発生するのか(写真/AFLO)
羽生結弦、105日離婚の元妻が財産分与で推定2億円超を手にする可能性も 「婚姻期間の収入」が対象
女性セブン
注目の女性芸人・あぁ〜しらきさん
《男かな?女かな?でブレイク》「あぁ~しらき」貝殻ビキニのキャラ「いつテレビでできなくなるのか」の苦悩と「ネタが生まれた瞬間」
NEWSポストセブン
イケメンを“お持ち帰り”した王林
王林に初ロマンス カラオケバーで意気投合した男性歌手を“お持ち帰り”、グイグイ引っ張りホテルへ
女性セブン
「特定抗争指定暴力団」に指定されたことを示す標章を貼る捜査員ら(イメージ、時事通信フォト)
指定暴力団トップに次々と賠償命令!「組員の特殊詐欺はトップの責任」見て見ぬ振りできなくなった組がとる次の手段
NEWSポストセブン