ライフ

歯周病治療の大きな落とし穴 痛くない検査が“見逃しの温床”となっている

歯周病治療の落とし穴は?(イメージ)

歯周病治療の落とし穴は?(イメージ)

 正しい歯科治療・口腔ケアを学ぶことが重要なのは、歯科業界の一部に“間違った治療・ケア”が蔓延しているからでもある。どんな落とし穴があるのか、『やってはいけない歯科治療』著者のジャーナリスト・岩澤倫彦氏が歯周病治療の「間違った認識」をレポートする。

 * * *

【間違い】自覚症状が出たら、まず歯周病用のハミガキで治す?

“歯肉の腫れ、出血があったら、○○○でケア”というテレビCMが流れている。その影響で歯周病の自覚症状が出たら、まずドラッグストアで歯周病専用の高価なハミガキ(ペースト)を買って、自分で治そうとする人がいる。しかし、これは大きな間違いだ。

 歯周病は、歯周ポケット内のプラーク(バイオフィルム)や歯石が主な原因だが、セルフケアでは除去できない。歯周病専用のハミガキを使用すると一時的に腫れが引くが、根本的な治療ではない。早期に治療すれば完治できるのに“自己流の治療”で、歯周病を進行させてしまうケースが後を絶たないと、複数の歯科衛生士が証言している。

【間違い】検査は痛くないほうがいい?

 歯周病診断の基本であるプロービング検査は、歯周ポケットにプローブ(針のような器具)を入れて深さを測定する。この時、適正な圧力をかけないと正しい診断はできないのだ。

 プロービング検査の適正な圧力は、20~25g。これは「チクッ」とした軽い痛みを感じる程度の強さだ。歯周病が進行していると、プロービング検査の痛みを過剰に感じることも多い。

 そのため、この検査で歯周病が悪化すると誤解して、クレームをつけたり、通院しなくなる患者もいるので、プロービング検査は“患者が痛がらない程度の強さ”にとどめる歯科医院もある。

 ただし、それでは正確な診断ができないので、歯周病の進行を見逃してしまうことになる。最悪の場合は歯を失うこともあるので、“何も感じないプロービング検査”には注意したい。

【間違い】毎日の口腔ケアは自己流でOK?

 いつまでも歯周病が治らない患者は、口腔ケアが自己流で間違っている可能性がある。日本は“歯磨き”一辺倒で、今もデンタルフロスや歯間ブラシを正しく使えない人が多いからだ。

 ただし、診療時間が限られているので、歯科医院としては十分に指導できていない現実もある。

 よくある間違いは“デンタルフロスは歯間に通すもの”という考え方。歯周病の原因となるプラークは、歯の表面に付着している。だからフロスは歯間を通すというよりも、歯の側面にぴったり沿わせて、歯肉まで軽く入れるのが基本。つまり、28本ある歯の両側面すべてにフロスを沿わせる必要があるのだ。

 正しい口腔ケアを歯科衛生士に習ってほしい。

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン