芸能

TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声

食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)

食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真/ロケットパンチ)

 TBSの宇内梨沙アナウンサー(31)が8月21日、レギュラー出演する情報番組『アッコにおまかせ!』で彼氏の存在を匂わせる発言をしたことが、ファンの間で未だ大きな波紋を広げている。

 同番組のロケ中、宇内アナが今年3月に結婚したばかりの後輩・山本里菜アナ(28)に新婚生活について尋ねると、山本アナは「宇内さんは結婚とかは考えていないんですか?」「今、彼氏はいないんですか?」と逆質問。すると宇内アナは、「そんなことは、今、ここでは……」と言葉を濁したのだ。TBS関係者はこう言う。

「宇内アナは、入社8年目ながらこれまで1回も熱愛が報じられたことがない。また彼女は“女子アナ界一のガチゲーマー”としても知られ、ゲーム実況を配信するYouTubeチャンネル『うなポンGAMES』の登録者数はすでに8万人を超えています。そんな彼女だからこそ、コアなファンは今回の“匂わせ”のような発言にショックを受けたのでしょう」

 そんな宇内アナだが、最近では意外(?)な姿がたびたび目撃されているという。

「仕事が終わった後、深夜の赤坂のチェーン店で、カツ丼をドカ食いしているというのです。その食べっぷりに『大丈夫か?』と心配するスタッフもいるほどです」(同前)

 写真誌のグラビアを飾ったこともあるほどのスタイルの良さで知られる彼女が「深夜にカツ丼爆食」とは、いったい何があったのだろうか。別のTBS関係者はこう明かす。

「実は宇内アナは、ゲームに負けず劣らず、大のカツ丼好きなんです。彼女はもともと『好きな食べ物はカツ丼』と公言しており、自身のインスタグラムやTwitterにはたびたび、大好きだという行きつけの店のカツ丼をアップしています」

 実際、今年1月にはTwitterに〈仕事終わって、帰りに馴染みのお店でカツ丼食べようと思ったら閉まってた…舌が仕上がってた〉と投稿。さらにカツ丼愛が高じたのか、今年4月には、Twitterに〈カツ丼屋さん開きます(嘘です)〉とのコメントと共に、「カツ丼」と白く染め抜かれた黒いTシャツを着た写真をアップしていた。

 宇内アナの「食欲旺盛」ぶりはカツ丼だけにとどまらない。彼女のインスタグラムを覗いてみると、〈愛してる〉という言葉とともに、崎陽軒のシウマイ弁当に頬ずりする写真や、〈プチご褒美〉とハッシュタグをつけて300グラムの「いきなり!ステーキ」の写真を投稿している。

 また、インスタグラムには〈突然、甘いものが食べたくなり バレンタインのときに買ったままで 冷蔵庫に眠っていた無塩バターを使って パウンドケーキ作りました〉〈丸々一本自分で食べたら バター120gを胃に入れることになるのか アリだね〉という投稿もあり、様々な“高カロリー食物”がアップされている。

「深夜に『今から富士そばと松屋どちらにいこうか』と悩む彼女に、『夜遅いから、軽くおそばがいいんじゃないの』と助言した相手に、『私、そういうの関係ないんです。むしろ次の日の朝に起きて、お腹に食べ物が残っている感覚が好き』と返したツワモノです。

 ノースキャンダルで、アッコさんや中居正広さんら大物にも気に入られ、場を仕切ることが上手い彼女は、『第2の江藤愛アナの器』と言われ、“次世代エース”の座が確約されていると言われています。宇内アナの“パワーの源”はその旺盛な食欲にあるのかもしれません」(同前)

 カツ丼パワーで「女子アナ勝ち組街道」を邁進か。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン