国際情報

エリザベス女王の国葬でも議論に メーガン妃、ヘンリー王子との手つなぎの心理は「不安」か

議論の的となったヘンリー王子とメーガン妃(右端)の「手つなぎ」(AFP=時事)

議論の的となったヘンリー王子とメーガン妃(右端)の「手つなぎ」(9月10日=現地時間、AFP=時事)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、英国のエリザベス女王の国葬で賛否を集めたヘンリー王子(38才)とメーガン妃(41才)の手つなぎについて。

 * * *
 9月19日、英国のエリザベス女王の国葬がロンドンのウエストミンスター寺院で執り行われた。「人々に信頼されるためには、人々の目に触れる存在でなければならない」という女王の言葉通り、テレビやインターネットによるライブ中継の視聴者は、世界中で41億人に上ったとみられている。大掛かりで荘厳で美しい国葬は、見せるための儀式でもあった。

“見せる”といえば、国葬までの約10日間、人々の目に触れることが多かったのが、ヘンリー王子とメーガン妃夫妻と英国王室との確執だ。ウイリアム皇太子(40才)とヘンリー王子は、2021年4月、エリザベス女王の夫フィリップ殿下の葬儀では、並んで歩かずに不仲の象徴と騒がれた。6月にはエリザベス女王の即位70周年を記念したプラチナ・ジュビリーで、夫婦は長女リリベット(1才)を女王に初対面させたものの、2ショットの撮影は女王に断られたと報道されていた。

 そんな夫妻だけにメディアやネットはその動向を逐一報じた。中でも話題になったのは、夫妻の”手つなぎ”だった。10日、夫妻はウイリアム皇太子とキャサリン皇太子妃(40才)と一緒に、ウィンザー城の外に現れた。女王を追悼するため集まっていた人々に挨拶するためだったが、夫婦はその時、しっかりと手をつないでいた。

 エリザベス女王の棺がバッキンガム宮殿からウエストミンスターホールに運ばれ、礼拝が行われた14日、ウイリアム皇太子とキャサリン皇太子妃に続いて、棺の前で敬意を表した夫妻は、この時も手をつないでホールを退場した。

 その映像が配信されるや、メディアやネットは即座に反応。「愛情表現」という声もあれば、「不適切」「TPOをわきまえろ」と賛否両論の意見が噴出したのだ。そして19日、ウエストミンスター寺院で国葬が行われた。ネットではその時の写真が何枚も掲載され、その中には2人が手をつないでいるように見える写真もある。一部報道によると、式が終わってヘンリー王子は葬列に並び、メーガン妃は棺を見送るため別々の方向へ歩きだす前、夫婦は手を握っていたという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン