芸能

ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ

『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)

『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)

「一発撮りで、音楽と向き合う。」をコンセプトに、メジャーシーンで活躍する国内外のミュージシャンの“一発撮り”を収録したパフォーマンス動画『THE FIRST TAKE』(ザ・ファーストテイク)──。失敗が許されない状況下での緊張感と、繊細な息遣いまでを拾う音質で多くの視聴者を魅了しているYouTubeの人気コンテンツとなっている。

 そんなファーストテイクのビジュアル系(V系)版とでもいうべき動画が『一撃』だ。10月9日に、日比谷野外音楽堂で単独公演を行うビジュアル系バンド「キズ」が、結成4周年企画として2021年にスタートさせたこの試みは、ボーカル・来夢が毎回ゲストのボーカリストを迎え、キズの楽曲をセッションするというもの。

 この企画について、ビジュアル系バンドのファンの間では、「ビジュアル系の衰退を食い止める“一撃”になりそう」「実力派ボーカルがたくさんいることを世間に発信できる」と話題を呼んでいる。

歌手としての実力の再評価へ

 2021年に公開された『一撃』の「-1st season-」「-2nd season-」では、逹瑯(MUCC)、一聖(BugLug)、幸樹(ダウト)、団長(NoGoD)、ガラ(メリー)、暁(アルルカン)、DAISHI(Psycho le Cemu)、冠徹弥(THE冠)ら、計12名とのコラボを実現。現在は「3rd season-」が進行中で、田澤孝介、苑(摩天楼オペラ)、隼人(DuelJewel)、HAZUKI(lynch.)らがゲストとして登場している。

 興味深いのは、団長、冠徹弥、苑といった、いわゆるビジュアル系の枠にとどまらない、圧巻のハイトーンボイスを誇るヘヴィメタルバンドのボーカリストを招いていることだ。

 ビジュアル系バンドといえば、X JAPANやLUNA SEAなどのレジェンドバンドを輩出してきた一方で、1990年代には“お化粧バンド”と揶揄されることもあり、2000年代以降も「見た目ばかりで演奏力は低い」「歌が下手」といった偏見を持たれていた時代がある。2010年代以降になると、アイドル文化やK-POPが隆盛し、ビジュアル系シーン自体の注目度が下がっていた。

 そんな中、『一撃』は“ビジュアル系”と括られるシーンのボーカリストが、いかに多種多様で、かつ実力を備えているのかを世間に知らしめるコンテンツとして、注目を集めているようだ。過去にビジュアル系バンドのライブに足繁く通っていたというエステサロン勤務の女性・Aさん(30代)は、次のように話す。

「YouTubeのおすすめ動画で『一撃』が出てきて、久しぶりにビジュアル系に触れました。過去に自分が大好きだったバンドのボーカルばかりで、なんだか嬉しくなっちゃって。色々と再生しながら彼らの歌声を聴いていたら、2000年代よりも歌唱力も上がっていてビックリしましたね。

 私自身の反省なのですが、昔はライブで暴れてヘドバン(※ヘッドバンギング)できれば満足で、あまり歌声に耳を傾けていなかったのかもしれません(笑)。あらためて聴いてみたら、みんな個性的で魅力的なボーカリストばかり。ビジュアル系と一言で言っても、本当に“一人一党”というか、それぞれのバンドごとに全く違う個性を持っているんです。このコンテンツを通じて、彼らの歌手としての実力も再評価される気がしますね」(Aさん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
保育園園長を刑事告発した裾野市の村田悠市長(時事通信フォト)
《園児虐待で3人逮捕》土下座の保育園園長は地元の名家出身 母親は「関係ありません」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン