ライフ

「歯科医選び」ネット検索の落とし穴 検索上位が優れた歯科医院とは限らない

自分にあう歯科医はどう選ぶ?(イメージ)

自分にあう歯科医はどう選ぶ?(イメージ)

 歯の健康は、全身の健康に直結すると言われる。大切なのは、正しい歯科治療・口腔ケアの知識を得ることだ。それだけ世の中には“間違った治療・ケア”の情報が蔓延している。『やってはいけない歯科治療』著者でジャーナリストの岩澤倫彦氏が「間違いだらけの歯科医選び」についてレポートする。

 * * *

【間違い】マスコミに登場する歯科医は名医?

 殺菌作用があるというセメントを詰めるだけで治療できるという触れ込みの「ドックベストセメント」。未承認の治療法で、実際に治療を受けた患者からトラブルの相談が非常に多いというが、この方法は、民放のテレビ番組が取り上げたことが契機になって、広まった。

 一般的なマスコミは、話題性がある特徴的な歯科医を取り上げる傾向が強いが、それは臨床医としての評価とは全く関係がないと考えるべきだ。

 これまで取材した世界的に評価される歯科医たちは、一般向けではなく歯科の専門書を書いたり、勉強会を主催している。

 そして共通するのは、治療方針を丁寧に説明して、患者の希望に耳を傾ける姿勢だ。彼らは驚くほど謙虚である。自ら名医と称する歯科医は、決してお勧めできない。

【間違い】ネット検索の上位が優れた歯科医院?

 歯科医院をネットで探す時に、「歯周病治療 ○○市」と入力するのではないか。そして検索結果を上から見ていくと思うが、注意してほしい。5番目くらいまで「広告」なのだ。

 グーグルの場合、青字の見出しの上に、小さなグレーの文字で「広告」と表示されている。

 ここに掲載されるためには、多額の宣伝費が必要。それは治療費に転嫁されている可能性があると思ったほうがいい。

【間違い】インプラント手術数が多いと腕がいい?

 ネット上ではインプラントの手術件数を強く打ち出している歯科医院が多い。“年間○○○件!”と謳うところもある。だが、インプラント治療は手術だけでなく、口腔ケアも指導できるところを選んだほうがいい。

 あまりに手術件数が多いところは、残せる歯も抜いてインプラントにするように誘導している可能性を疑うべきだ。

 6年前、覆面取材で訪れたインプラント専門のクリニックの歯科医が「もう抜かないとダメ」と診断した歯は、再根管治療を受けたところ今も全く問題なく残せている。

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン