スポーツ

坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係

坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)

坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが扱わない理由は?(時事通信フォト)

 今シーズンの巨人は、「球界の盟主」の呼び名に相応しくない戦いが続いている。優勝の望みは早々に絶たれ、辛うじてCS出場に望みをつないでいる状況だ。6位中日とのゲーム差も少なく、47年ぶりの最下位の可能性も残る。

 そこにきて、生え抜きのスター選手・坂本勇人(33)の女性スキャンダルである。

 9月10日付の『文春オンライン』は、坂本が20代女性に繰り返し性行為を要求し、女性が妊娠すると「本当は今すぐ堕ろせよって言いたい」などと発言したと報じた。

 坂本はこれまでも度々女性問題が報じられてきただけに、ファンからは本人による説明や何らかの処分を求める声が噴出。しかし、球団は文春オンラインに坂本と女性の間で示談が成立していることを回答した以外には公式な発表をせず、坂本はお咎めなし。報道翌日も試合に出場した。

 そうしたなかで奇妙だったのが、「大メディア」の反応だ。坂本のスキャンダルに対し、テレビ局、スポーツ各紙は完全スルーを決め込んだのだ。背景には何があるのか。

 元巨人番のスポーツ紙編集委員が語る。

「今はコロナで取材人数が制限され、選手や監督のコメントはリモートの代表取材ばかり。これでは現場の記者の取材力は鍛えられないし、球団が発表した内容を流すだけになってしまう。坂本の件も球団内部で何が起きているかを取材できず、周辺の情報も取れないので報じるのが難しい」

 在京のスポーツ紙デスクは「示談」になっていたことが大きいという。

「巨人は坂本と女性が示談したことを理由にそれ以上の説明をしていません。被害女性が会見すれば話は別ですが、すでに示談したので難しいでしょう。そんな状況で先走って報じれば、その社だけ“出禁”にされかねませんからね」

 数多くの関係者を取材するなかで度々聞こえてきたのが、球団側に厳しい対応を取られるのではないかと気にする声だ。

「かつての巨人はメディアを出禁にすることが多かった。例えば契約金や年俸などの“金満体質”を批判したらすぐ出禁になり、しばらくの間選手のコメントが取れず苦労しました。特にキャンプ中だと最悪です。当時よく出禁になっていたスポーツ紙は大体2週間で解除されていたが、夕刊紙ではかなり長期間に及んだ例もあった。それでも夕刊紙は外部の執筆者とパイプがあれば記事になるけど、毎日の試合経過や背景を書くスポーツ紙は厳しい」(前出の編集委員)

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン