スポーツ

巨人・坂本勇人の女性スキャンダル 報じない新聞・テレビは「SNS全盛時代に通用しない」と疑問の声

坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)

坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)

 巨人・坂本勇人の女性スキャンダル問題が様々な週刊誌・ウェブメディアに報じられているが、新聞とテレビは「完全スルー」の状況が続いている。

 多目的トイレで性行為に及ぶなど複数の女性と不倫関係が『週刊文春』で報じられて活動自粛に追い込まれたアンジャッシュ・渡部建、銀座のクラブでホステスにセクハラ行為をしたことが『週刊新潮』で報じられた俳優の香川照之は、テレビのワイドショーや新聞で一連のスキャンダルが連日大きく取り上げられていた。

 だが、今回の坂本の件を新聞、テレビは“黙殺”している。報じられた内容を比べると、坂本の件も渡部、香川と大きな差はないように感じるが、巨人は記者会見を開く予定はなく、坂本はスキャンダルが報道された後も試合にスタメンで出続けている。

 球界でこういった女性問題は過去にも報じられてきた。全国紙記者は「昔は、プロ野球選手は浮気などの女性スキャンダルがあってもグラウンドで結果を出せばいいというような風潮が確かにあった。でも今は時代が違う。女性ファンや子供たちに対する裏切りともいえる行為が発覚すれば、球団のイメージブランドが大きく失墜する。球団も厳しく処分するようになっています」と指摘する。

 元ロッテ・清田育宏のケースは記憶に新しい。2020年9月末の札幌遠征で清田が女性を同伴してロッテの選手らと同じ札幌のホテルで「お泊り密会」をしていたことを、写真週刊誌『FRIDAY』が2021年1月に報道。この後にコロナの集団感染が発生し、清田も感染。球団は新型コロナウイルス感染防止のため「部外者との会食禁止」の規則を設けていたが、清田は球団の事情聴取で女性と宿泊していたことを隠して虚偽の報告をしたことが判明し、無期限謹慎(活動停止)処分を受けた。さらに、この処分が解けた復帰初日に再び不倫デートしていたことがまたしても『FRIDAY』で報じられ、球団から「度重なる不適切な行動及びチームに対する背信行為により、これ以上の選手契約を維持することはできない」として、5月に契約解除された。

 では、なぜ数々の女性スキャンダルが報じられている坂本に対し、テレビ、新聞は取り上げようとしないのだろうか。スポーツ紙デスクは渋い表情を浮かべ、口を開く。

「巨人や親会社の読売新聞から『坂本のスキャンダルを報道するな』と直接言われているわけではない。ただ、巨人のスーパースターを批判することには大きなリスクが伴う。例えば、坂本の結婚や引退は大きな特ダネになる。仮に今回のスキャンダルを報じたことで、結婚や引退のスクープが取れなかったり、情報が回ってこなかったりしたら大きな痛手です。

 また、巨人は他球団と比べて注目度が高い。多くの球団は1人の番記者で取材をしますが、巨人は紙面の扱いが大きいため各社複数の記者を置いて投手担当、野手担当、監督担当に分かれている。もし、巨人に嫌われて取材活動に支障をきたすと紙面作りがままならず、スポーツ紙は死活問題になる。だから各紙が横並びで報じない状況になっている。世間の常識からズレていることは分かっていますし、このままではいけないのですが……」

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン